表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
相模原分団
太陽ビジョン(ソーラースコープ)を作ろう


2008年5月


午前9時に集合。参加人数が多いので施設の部屋を二つ使用して、2班に分かれて工作をおこなった。1班は裁断した段ボール箱を使用して観測用の箱の製作。2班は観測箱を取り付ける架台、レンズマウント、凸面鏡を取り付けるための部品の3種類の部品の製作を行った。途中で交代して約2時間半ですべて製作を終了した。レンズだけは購入したが、その他の20近い材料は凸面鏡も含めて全部リーダーたちの手製である。あいにく例会の時間中、空は曇っていて太陽は顔を出さず、実際に太陽を写して見ることは出来なかったが、団員たちは大きな荷物を大事に抱えて帰途についた。帰宅してから太陽が出るのを待って、色々試したことであろう。今回作成したものは市販のソーラースコープのように大きく太陽を投影することは出来ないが、どうしたら大きく写せるようになるかを考えて貰って、改良する予定。



相模原分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る