表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
さいたま支部
こんな衛星あったらいいな〜子ども衛星アイデアコンテスト


2006年6月

<活動の概要>
人工衛星について学び、今後どんな人工衛星が開発されれば私達の生活に役立ち、なおかつ地球環境を守ることができるのか、団員オリジナルの人工衛星のアイデアを募る。
(目的、ミッション、形状、構造、提案の理由、活用方法など)


<講師による講演>
3分間で人工衛星の絵を描いてもらい、団員の絵を参考に人工衛星の機能についてお話した。その後、人工衛星の軌道、役割、大気の薄さや真空の話、宇宙の環境についてお話した後、人工衛星のアイデアを提案した。

小学校低学年の団員にとっては、難しい内容だった。ただ、リーダー達でも知らないような内容もあったので、詳しい知識を身に付けられた。


さいたま支部へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る