表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐久分団
日食を観察する準備をしよう
2002年6月9日

11日の日食に向けて、実際に日食グラスを使い太陽を観察しました。



普段まぶしい太陽も、日食グラスを使えば見ることができます。
太陽は意外に小さいことがわかりました。



 

太陽投影板に太陽の姿が映っています。
黒点がいくつか見えました。
太陽を直接見てはいけません。
紙が燃えてしまいました。





依田優太君のスケッチ。
黒点が2つずつ対になっているのがわかります。
依田君は「黒点は、じしゃくのようなはたらきをもっている」
ということを調べました。





デジタルカメラで撮影した部分日食
6月11日7時30分頃


−活動カードより−

黒点がたくさんあった。
大きいものがあっておどろいた。
(寺島裕君)

太陽をはじめてみてすごかった。
(丸山優香さん)

日食を見てみたい。
(大井智広君)

オーロラがきれいだということは知っているけれど
太陽の黒点に関係あるとは知らなかった。
(久保田昴伸君)

黒点はどうしてできるの?
A.じきがみだれたりしてできる
<ほかにもせつがある>。
(田中良典君)
佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る