表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐久分団
おもしろ科学実験教室
2004年2月

=実験1 こすらずにマッチに火がつけられるかな?=
水を加熱していくと温度はどの位になるのでしょうか?
加熱した水は水蒸気になって、何度くらいになるのかな?
また、湯気と水蒸気の違いも学習しました。


初めは目に見える湯気が出ていたのに、過熱していくと目に見えない水蒸気になった。どうなっているのだろう? 試しにマッチを近づけてみると…

マッチに火がついた!
温度を測ってみると200度を超えていました。紙を近づけてみたらこげてしまいました。

=実験2 お湯で融ける金属を作ってみよう!=
お湯の中で融ける金属ってどんなものだろう?
何度くらいで融けるのかな?


4種類の金属(ビスマス→スズ→カドミウム→鉛)を順番に融かしたものを水に入れました。固い金属が出来たけどどうなるのかな?

約70度で金属が融けました。4種類の金属が混ざって出来たものは「ウッド合金」といいます。どんな場所で使われているか調べてみよう!

=実験3 電気パンを創ってみよう!=
電気と牛乳パックでパンが作れるのかな?
実際に作って食べてみよう!


ステンレス板を入れた牛乳パックに、蒸しパンの生地を入れて電気を流しました。これだけでいいのかな?
だんだんふくらんできた!!

完成☆ お味はいかがでしたか?
うちでも作ってみよう!

火傷や感電に気を付けて、楽しんで出来ました。
各班とも、小学校高学年と低学年の団員が役割を分断して、協力して実験を行っていました。実際に作って食べられる、電気パンの実験が人気ありました。
佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る