表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐久分団
チャレンジ!!
サイエンスパークに行こう!
2004年9月

<団員の感想>

・いろいろなコーナーがあっておもしろかった。
・いろいろな物を見たり、作ったりしたから楽しかった。
・スライムを作るところがおもしろかった。なぜそうなるか調べたい。
・実際に乗り、楽しかった(ソーラーカー)。

<事務局の感想>

・県内外から多くの講師の参加があり、実にさまざまな科学体験のブースが40以上と、子どもたちはさまざまな実験教室にチャレンジする良い機会になったと思います。
・ソーラーカーは、分団員全員乗せていただくことができた。たいへん好評でよかった。


日本宇宙少年団ブースでは、手づくりロケットの展示と、プチロケット体験教室を行いました。

佐久市子ども未来館ブースでは、「手のひらには100kg大気圧を実感しよう」を行いました。

ソーラーカー体験は、全員、運転することができました。大きな太陽電池が屋根にのっているのがわかるね! ソーラーカーは、思ったより速くてびっくり! でも、5時間充電して、1時間くらいしか走れないんだって。将来には、もっと実用的なソーラーカーも登場するかもしれないね。

会場の中には、約40のブースがあり、さまざまな科学体験ができました。佐久分団員に人気が高かったのは「スライムを作ろう」「模型飛行機を作ってみよう」「小さなたつまきを作ってみよう」「低温の不思議な世界(超伝導)」などでした。みんな、たくさんの体験をしたようだね!

竹馬にチャレンジ! うまくバランスとれたかな?

万華鏡をつくりました!

ミニエクスプロラトリウムのコーナーには、たくさんの科学のおもちゃが並んでいました。立体パズルに挑戦中!
佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る