表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐久分団
モデルロケットを作って飛ばそう!
2004年12月

リーダーが考えたオリジナルのモデルロケットを作りました。

<団員の感想>
・ロケット作りは難しいところもあったけど楽しかった。
・羽根を取り付けたり、エンジンを取り付ける作業が難しかったけど良く飛んでよかった。
・うまく飛ばなかったけどおもしろかった。

<事務局の感想>
・事前にしっかり準備が出来ていたので、スムーズに進行しました。
・リーダーの協力もあり、モデルロケット作りも打ち上げも順調でした。
・オリジナルのモデルロケットである分、正確に作らないとまっすぐに飛ばないのですが、低学年の団員には難しかったようです。
・打ち上げでは全員が打ち上げに成功しましたので充実感があったようです。

材料はケント紙、うき、木綿糸、コピー用紙、ビニールテープ、セロテープ、両面テープ、木工用ボンドなど文房具や釣具店にあるものばかりです。 羽やパラシュート、エンジンの取り付けには苦労しましたが、みんな上手に作っていました!
さあ、飛ばしてみよう!!

ロケットの活動では初めて晴れました!
5・4・3・2・1発射!!
打ち上げはみんなが大成功でした! 100m以上飛んだかな?
今度飛ばすときには、今回のうまく出来なかった所を工夫してみよう!

ロケットを持って記念撮影
佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る