表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐久分団
バルーンロケットを作って飛ばそう


2005年7月
佐久分団としては2年ぶりのバルーンロケット作りです。
2年前とはまた違う団員が参加してくれました。
バルーンロケットを作るときは、みんな真剣です!
リーダーの説明を良く聞いて作っていました。

だんだんとロケットの形が出来てきました!!
ロケットはまっすぐになっているかな!?
もう少しで完成です!
最後の微調整を慎重にやっていました!

よーし、準備はできたかな?
カウントダウンをみんなでしよう!

水を入れて、空気をいれて…
リーダーの先生がんばってー!!

大成功!!!
みんなのロケットが青空に吸い込まれて
しまうくらい飛びました。
晴れて良かったね!
<団員の感想>

・自分の身長よりバルーンロケットの方が大きくてびっくりした。

・羽の形や取り付け方を工夫した。

・バルーンロケットがなかなか真っ直ぐに作れなくて苦労した。

・打ち上げでは20m〜30mくらい飛んでびっくりした。

・今までの活動でペットボトルロケットやモデルロケットは上手く飛ばなかったけど、今日のバルーンロケットは良く飛んで嬉しかった。
<事務局の感想>

・バルーンロケット作りは、多くのリーダーが協力してくれたお陰で円滑に進める事ができ助かった。打ち上げも全員が成功したので良かった。

・夏休み期間ということで多くの団員の参加を期待していたのですが、予想外に参加者が少なく残念だった。

・今後はバルーンロケットのキットを使うのではなく、出来るだけ自分達で材料を集めて工夫したロケットを作ってみたい。

・反省点として、打ち上げ時に発射台の下にブルーシートなどを敷いた方がいいと思いました。
佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る