表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐久分団
ペーパークラフトにチャレンジしよう!


2005年12月

臼田高校の先生が講師として、臼田高校の生徒4名が指導員として活動に協力してくれました。今回作ったシーラカンスのペーパークラフトは、簡単そうに見えてなかなか難しかったです。みんな集中して作っていました。
臼田高校のお兄さんに教えてもらいながら作りました!
切り抜いたパーツをボンドで張り合わせるところが難しかったなぁ。
バイクのペーパークラフト!!
とても紙で作ったとは思えないような仕上がりでした。先生が塗装から全て自分で作ったそうです。
インターネットで調べてみるとたくさんのペーパークラフトがありますので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください!
<団員の感想>
・ペーパークラフト作りはおもしろかった。
・紙を使った工作は得意だったので、早くできた。
・ちょっと難しかった。途中で飽きてしまった。
・ボンドをつけるところが難しくってべとべとになってしまった。
<事務局の感想>
・地元の高校に協力してもらい、スムーズに進行できた。
・各班に1名、高校生に補助としてついてもらいましたが、子ども達にわかりやすいように優しく指導してくれていたので助かりました。4人とも男子生徒でしたので、最初はコミュニケーションがとれるのか心配していましたが、活動が始まってみれば積極的に指導してくれて良かった。
・細かい作業を2時間集中して行うことは低学年の団員には厳しかった。途中休憩をはさんだが、もっと時間と休憩をとってやらなければと感じました。
・今回のように地元の学校に協力してもらうことは、団員にとって、とてもいい経験だと思うので今後も検討したい。
佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る