表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐久分団
天文教室〜今話題の冥王星を観測しよう

2006年9月

佐久市子ども未来館プラネタリウムで、冥王星や他の天体や星座についての解説を聞きました。その後、うすだスタードームへ移動し、60センチメートル反射望遠鏡で天体観測を行ないました。あいにくの曇り空で冥王星を観測することができず、他の2つの天体(リング状星雲と二重星アルビレオ)だけ観測しました。その代わりに、デジタル画像による天体写真のスライドショーや、秋の星空の解説を聞きました。

<はくちょう座の二重星アルビレオ> <こと座の惑星状星雲M57 リング星雲>

<参加者の感想>
・うすだスタードームの先生のお話で星について色々なことが分かったり、キレイな星の写真をたくさん見せてくれたりして、とても楽しかったです。

・うすだスタードームの望遠鏡がとても大きくてビックリしました。その望遠鏡からみることのできたリング星雲がとても印象に残りました。


<事務局の感想>
・あいにく当日は少し雲がかかってしまったため、メインにしていた冥王星は観測することはできませんでした。そんな悪条件の中、観測することのできたリング星雲や二重星アルビレオを団員に喜んでもらえたり、天体観測に代わるスライドショーによる話を団員が興味深く聞いてくれたりしたのでよかったです。また、随所に質問もでていたのでよかったと思います。


佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る