表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐久分団
手作り霧箱で放射線を見てみよう!

2007年6月
<活動の内容>
 (1) 霧箱づくり
 (2) 放射線の観察
 (3) 放射線測定器「はるかくん」を使った実習

放射線は私たちの身近に存在しているのですが、普段見ることやさわることができません。そのような放射線を、手作りの霧箱を使って間接的に観察しました。
<参加者の感想>
・放射線には色々な種類があることがわかりました。

・放射線(アルファ線)がひこうき雲のように見えました。

・光の当て方が難しくて、なかなか放射線を見ることができなかったけど、見えたときはとてもうれしかったです。

・最初はなかなか霧も放射線も見えなかったけど、だんだんと霧箱が冷えてきて、両方とも見ることができてよかったです。

・今日の実験ではドライアイスを使ったのですが、氷に塩をかけても放射線を見ることはできるのかどうか家に帰って実験をしてみたいです。

佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る