表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る

佐久分団
佐久分団5月例会
「佐久市の空気はどれくらいきれい?」

2008年5

<活動の概要>
地球温暖化やアスベストなど環境問題が騒がれている今、その中から大気汚染を取り上げ、身近なところの環境測定や顕微鏡を使い、環境問題について考えていきました。

<活動の流れ>
佐久市子ども未来館にて
・環境問題についての学習
・臭気パネルテスト
・佐久市子ども未来館内や周辺の二酸化窒素の測定
<使用教材・空気のよごれはかるくん>
・光学顕微鏡を使った松葉の気孔の観察
<参加者感想等>
空気のことについていろいろ学びました。空気中の二酸化炭素の量が意外に少なくてびっくりしました。空気は意外なところがきれいだったり、きたなかったりすることがわかりました。光学顕微鏡を使って、松葉の気孔の観察をしました。松葉の気孔は空気が汚れているとつまって色が変わってしまうことがわかりました。 地球の事を自分たちが本当に考えなければいけないと思いました。

佐久分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る