表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
さくら分団
野菜ロケットと、100mも高く飛ぶ
火薬ロケットを作ろう!
2003年6月7日

様々な人工衛星を打ち上げてくれるロケット、私達を宇宙へと連れていってくれるロケット、これからの宇宙開発にロケットは欠かすことのできないものです。6月7日(土)に開催された6月例会では、わたらせ分団と合同で、私達の夢を実現してくれるロケットをみんなで作って打ち上げました。
まず、お馴染みの、火薬ロケットを作って、打ち上げました。火薬ロケットは宇宙科学研究所の「M-V」ロケットと同じ仕組みロケットで、煙をはきながら飛んでいく様子は迫力満点! 「野菜ロケット」にも初挑戦!
じゃがいもをすりおろして、オキシドールを混ぜ、フィルムケースに詰めるだけで飛ぶんです。もともとは、今回は水ロケットを作る予定でしたが、水ロケットは次の機会のお楽しみ。。。
なお、参加者は、分団員7名、保護者6名、兄弟や親戚4名、リーダー3名(うち助っ人リーダー1名)、リーダー候補2名でした。




 

 

<参加者の感想文>

ぼくは、かやくロケットを飛ばしたしゅんかんすごい音がでたので、すこしびっくりしてしまいました。そしていよいよつぎのつぎがぼくのロケットをとばすばんになりました。すると、まえにとばしていたロケットのせんたんがまがっていたので、まがったほうこうにロケットがとんでいってしまったのです。
それをみたぼくはすぐにロケットノせんたんがまがっていないかしらべました。そして、いよいよぼくのロケットがはっしゃ台にセットされました。そして、カウントダウンされました。ぼくはボタンをおすとなんと、70mもとんだのです!ぼくはとばすまえにうまくとぶか、かくにんしたかいがあったなとおもいました。(小2 男)

おかあさんからいくってきいてうれしかったです。まえさんかしたときは、かやくロケットをとばせなかったからとてもうれしかったです。さいしょにやったロケット、パラシュートがうまくいきませんでした。でもさいごみとばしたほうは、パラシュートがうまくいきませんでした。でもいいおもうでになりました。またさんかしたいです。(小2 男)

ロケットをとばしてパラシュートは、ひらかなかったけどよくとんでうれしかったです。エンジンのにおいをかいだら、おんせんのにおいがしました。ほかの人のもよく見たらよくとんでいました。(小2 女)

かやくろけっとがおしろがったです。あとかやくろけっとがたのしかったです。
(小2 男)

今日は新こがについて歩いていたとき、ミステリーサークルをみました。
火薬ロケットは上手に作れて、うまくいきました。野菜ロケットは飛ばなくて残念でした。とても楽しかったです。(小4 女)

かやくロケットをとばす時1回目はうまくいかなかったけど、2回目はうまくいったのでよかったです。ちゃんととぶかしんぱいでした。(小3 男)

今日はとても楽しかったです。はじめにかやくロケットを作ると、聞いたときはすっごっくびっくりしました。かやくロケットも作るのはすごくむずかしかったのでところどころお父さんに手伝ってもらいました。
うちあげたときはすごくうれしかったです。(小3 男)

・ロケット作りは面白かった。紙を巻くのが面白かった。 
・ロケットを飛ばす時、スイッチを押す時ドキドキした。ちゃんと飛んで嬉しかった。
(年長 男)

今日かやくロケットをつくりました。とてもたかいところまでとんでいったのでとてもおもしろかったです。あとやさいロケットもいっぱいとばしたのでとてもたのしかったです。(小4 男)


さくら分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る