表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
さくら分団
SAKURAキャンプ2004

-原子エネルギーでサバイバル-
2004年8月

8月7日(土)〜9日(月)の2泊3日で、福島県南会津郡田島町立会津山村道場へ行ってきました。炭焼き、炭電池の実験、太陽熱発電、金属発電など、エネルギーについて勉強したり、実験したりしました。初日の夜は雨でしたが2日目は晴れ、綺麗な星空もばっちり。また、昨年は冷夏であまり見られなかったホタルが、今年は沢山いました!
内容や雰囲気は、是非、参加者のみなさんの感想文を参考にしてください。
なお、参加者は34名、講師&リーダー9名でした。



<参加者の感想文>

【2日目午後に記入した感想文】 3日目朝に記入した感想文はこちら

・ほしがでっかかった。ぼうえんきょうにまるがにこあった。すみやきがはなびみたいだった。やぎがぱくぱくたべた。おさるがうきうきうるさっかった。さかながつかまえずらかった。とりがみずおいっぱいのんでた。おんせんのしゅるいのなかにおみずのおんせんがつめたかった。なかじまりいだあのおなかおそわってたのしかった。(小1 男)
※リーダー注:似顔絵付きです&“とり”は水飲み鳥のことです

・8/7 でんきのじっけんをしました。じっけんはちょっとむずかしかったです。カーレーをつくりました。おてずだいをしました。きるのとかピーラーでむくのもじょうずにできました。でもちょとホウチョウをきるのはちょとむずかしかったです。おふろに入ってシャーワーのだしかたがわからないけどでもわかりました。そのまえにほしを見ようとしたけどくもでみれませんでした。
8/8 きょうへんなばしょでねてました。おきるのもおそかったです。でもまにあいました。今日バーベーキューをします。たのしみです。おんせんにいきました。外ぶろに入いたけど虫がしんでたので入いらなかたです。中のおふろに入りました。(小2 女)

・きょうパパとリーダーとぼくと友だちでおんせんにいきました。6このおんせんがありました。水みたいなつめたいおんせんが1っしゅるいありました。かえりのばすで、みうらりょうくんととなりのせきですわりました。それからばすのつくえでてとてのたたかいをしました。(小2 男)

・きのうときょうどっちも光のじっけんをしました。きのうはすみで電きをつくりました。きょうはおんどのじっけんをしました。きのうすみででんきがつくなんておどろきました。きょうははんしゃをしただけなので40どだとおもったのに51どでびっくりしました。はやく3年生になって理科を早くやってがんばりたいです。そのあとひるごはんをたべておんせんにいきました。4つあったかいおふろ1つはつめたい水ぶろでした。□とゆうようにみずがおちてくるのもいきました。つめたい水はそんなにつめたくなかったです。あついなかでちょうあついふろがありました。でもなれるとあつくはありませんでした。またいつか5はくぐらいとまれたらラッキーです。広しまにいきたいです。きのうときょうたのしかったです。(小2 男)

・このキャンプにきて家のしごとを2つやりました。それはごはんとおふろです。おふろはなかなかおゆがでなくてこまりました。ごはんはすごくよくできました。山田ふしぎさんのじっけんがおもしろかった。しかもすみで電地を作ることができることがすごいなと思いました。光のじっけんもすごかったです。(小4 男)

・ぼくは8月7日にお山の公園に行ってすみびをして、すごくあつかった。それで、100円でどうぶつのえさをかって、サルにえさをあげた。たくさんたべていた。そのあとカレーを作って玉ネギとニンジンとジャガイモとトマトを切った。玉ネギを切るとき、目にすんごくしみた。カレーを食べた後、すみの電池を作って、そのあと星を見に行ったけどぜんぜん見えなかった。
8月8日、お山のがっこうでマスをつかみどりした。そのあとソーラークッキングで、かさにアルミをはって中に水を入れたかんをまきつけた。しばらくして、かさの中のかんの水は51度まであがっていた。そのあとお昼を食べて少したったら温泉に行った。 (小4 男)

・8/7 お山の学校と言う所に行って炭をかまどから出す作業をしました。大きい子はかまどから出す作業をやりました。ぼくはそれをうめました。かまどから出す作業もやりたかったです。そのあとサルにえさをやったりうさぎにやったりしました。さいご帰り、あしたはえさをあげられないと言われたのでさるにぜんぶあげてしまったので残念です。
8/8 またお山の学校に行ってうめた炭をほりかえしてみました。ものすごくでてきて1こもって帰っていいと言われたので長くて少し細い炭をもらいました。ものすごくよかったです。そのあと魚のつかみどりをしました。2ひきしかつかまえられませんでした。つぎに太陽ねつ実験とろうそくラジオと水飲み鳥を見て太陽ねつ実験の水の温度をよそうしてふつうの方は30度は、かさの方は60度とよそうしたけどふつうは34度でかさの方は51度でよそうは少しはずれました。(小4 男)

・(1)炭焼き
(まずならの木を100本以上つかい、1000度のかまどでやく。)
ならの木を100本以上使うことはとても大変だと思います。また高齢の人がやっているのでとても大変な作業になると思いました。
(次の日にかんだしぼうで炭を出し、土をかぶせ、冷やす。)
手前のほうのこなごなになってしまった炭をかんだしぼうで出してき、ほかのかんだしぼう(全部で3種類)でおくのしっかりしている炭をかんだしぼうでだしてくるという作業は1人でやると2時間もかかるので、とても熱いと思います。土をかぶせて炭を冷やすということは以外なことでした。
『3本のかんだしぼう』
ひっぱってくるときははじからもってきて、最後に真ん中。ひとばんおいて、へらで炭をほり全て出す。炭をへらでほるのがとてもおもしろいです。次々にでてきて、もっとやりたいと思いました。
(2)エネルギー
(炭電池は塩分が入っているものをティッシュにぬらし、炭にきれいにまく。この上にティッシュがかくれないようにアルミをまく。)
食塩、塩分で電池を作ることができるのはすごいと思いました。アルミは電気を通すので塩分とはちがい、まあ、と思いました。これをみの虫クリップでとめるとモーターや電気がつくので、すごいと思いました。(小5 女)
※リーダー注:イラスト入りで詳しく説明してくれました

・8/7 ぼくは、バスの中でゲームをしたりすみをやいたりしてとてもたのしかったです。とくにじっけんやぼうえんきょうを見たりしたのがおもしろかったです。
8/8 ぼくはあさ早くからカエルとりをして楽しかったです。とくに魚のつかみどり
や、すみをまた土から出したりしてとても楽しかったです。あとバーベキューやほたるのかんさつがたのしみです。とくにあしたは、またいっぱい楽しいことができると思います。(小5 男)

・1日目 バスに乗ってキャンプ場まで行ったぼくは、外を見てたり、ねてたりしてた。バスの中でお昼ご飯を食べると書いてあったけど外で食べた。なんでそうなった
んだろうと思った。それからまたバスに乗った。キャンプ場に着くまでに雨が降ってきた。それから体育館に集まってからそれぞれの部屋に行った。ぼくはC-5だった。それからお山の学校に行った。それから真っ赤になってる炭を出すのを2、3回やってから土をかけた。土をシャベルでかけるのは、最後までやった。おもしろかった。それから夕飯作りを手伝った。おもしろかった。
2日目:6時くらいに起きた。部屋がえがあった。ぼくはC-4になった。その後、ご飯を食べて、お山の学校に行ってきのうの炭を掘りだして、魚のつかみどりをしてやった。おもしろかった。そのあと平和鳥とか、ろうそくラジオとか、かさでエネルギーについて勉強した。おもしろかった。その後バーベキューをした。おいしかった。(小5 男)

・*炭焼き体験* 8/7炭焼き体験をしました。ならの木で炭を作るそうです。私はほかの木じゃだめなのかー!!と思ったけど、炭を作るにはならの木が1番いいそうです。前のかまから(絵)←こんなぼうで炭を取り出して土?砂をかぶせます。(そうすると冷える。)1日後に完成!?楽しみー。
*自炊* メニュー…カレー&サラダ&ピザ 8/4カレー作り☆私はピザを作りました。上の皮と下の皮をくっつけるのがすごくむずかしかったです。はみでたり…ぐちょぐちょ…ガーン でも完成したらすっごくおいしくて「おーっ?!すごい?!」と思いました。もちろんカレー、サラダ、きゅうりのつけ物もすごくおいしかったです。
*炭焼き体験2* 8/8炭と砂を分ける作業をしました。(ちゃんと出来てた☆)へら&あみであみにかけて分別しました。全々熱くなかったけど、少し重たかったです。
*魚つかみ取り!!*
とっても楽しみにしていたことです。つかむと“ぬるっ…”として気持ち悪かったけど1ぴきもつかめないとくやしいので、おもいっきりつかんだら1ぴきとれました!!よかった!!(小5 女)
※リーダー注:イラスト入りです

・去年に続きうさぎの森に来るのは2回目なので、去年よりも落ちついて生活する事ができた。うさぎの森についてすぐ、うさぎの森のすぐそばにあるお山の学校へいった。お山の学校にはヤギやサル、うさぎ、クジャクなどたくさんの動物がいる。お山の学校の炭焼き実験では、炉から白炭を取りだした。夕食のあとの炭電池実験では、炭と食塩水とアルミホイルを使い炭電池を作った。針生天文台の星の観測は悪天こうで見られなかった。(小6 男)

・8/7(土) 今日、バスで移動中じゅうたいにまきこまれ、途中大雨が降って来て、あまり明るい気分ではなかった。宿舎に着いたのは、予定より2時間近くおそく着いた。すぐに『お山の学校』で炭焼き体験をした。実際にやってみると、炭の近くは、暖かくて楽しかった。夜には『炭電池実験』を山田ふしぎさんと、伊知地さんに解説をしてもらいました。乾電池のしくみや、発光ダイオードを炭電池で光らせる実験をしました。いろいろなしくみがわかって楽しかったです。
8/8(日) 今日朝早くにお山の学校に行き、炭をおみやげにもらったり、魚のつかみどりをしたりしました。10時から、太陽熱発電、金属発電について学習しました。でも、途中にお昼が入ってしまったため、結果は何も分かりませんでした。夕食は、バーベキューをしました。でも、前夜、毛布1枚で寝ていたせいで、風邪を引いてしまったらしく、寒気がしてきて、食欲もなくなってしまいました。
夜になって、『ほたる&星』を見に行きました。ほたるは去年より多くありませんでしたが、とてもキレイだった。星も沢山出ていて天の川も見えたし、流れ星も2つ見ることができ、とても楽しかったです。(サブリーダー)

・このキャンプで、一番楽しかったのは、炭火体験と、炭で電池を作ったことです。炭火は、とても熱く、足の毛がちぢこまってしまいました。かまどの中の燃えている木材を出すための棒は、とても重く、それを軽々使っている「お山の学校」のおじさんは、力強いと思いました。夜になり、炭で電池を作る実験をしました。この実験は、やり方を書いた本は読んだことはあったけれど、実際にやったことはなかったので、とても楽しみにしていました。実験では、塩水がささくれにしみました。でもそんなことは実験に夢中ですぐに気にならなくなりました。発光ダイオードを苦労して光らせた時は、感動しました。でもクイズに全問正解できなかったのは、少しくやしいです。(中1 男)

・1日目 炭焼きのかま出しをやっていた。こすきが重くかなりの重労働だった。ろの中の温度は1000度以上にもなり人間はすべて溶けてしまうとのこと。ろの中に人間の死体を入れるとすべて炭化してしまって発見できないと言っていた。炭化してしまったら警視庁も発見不可能なので、少し危ないと思う。カレーづくりでは、カレーをつくったもののカレー風スープになってしまい、あわててにつめさしたという一面もあった。
2日目 魚のつかみ狩りは魚がヌルヌルしていたためとりにくかった。また魚はすばしっこくかなり上流まで戻っていったやつがいた。そのあとのソーラークッキングは、時間がなく水のしゃふつ実験だけで終わってしまった。卵焼き実験もやってみたかったので少しなごりおしかった。水を温めると結きょく55度まで上がった。それにくらべてふつうにおいといたら35度までしか上がらなかった。(中3 男)

3日目朝に記入した感想文はこちら


さくら分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る