表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
さくら分団
野菜電池をつくろう
2005年6月

6月26日(日)に中野区鍋横地域センターで、野菜電池の実験をしました。
はじめに、乾電池をつかって遊んで準備運動をしました。電池を直列や並列につないでみて、電流について調べました。
そのあと、野菜電池の実験をしました。トマトやじゃがいもなど、いろいろな野菜で電池を作ることに成功しました。野菜電池を直列にしたら、LEDをつけることもできちゃった!!
みんなの実験結果を「おまけ」にのせました。
最後に、乾電池を分解して中身をのぞいてみました。乾電池も野菜電池と同じしくみだったんだね。
参加者は、分団員5名、兄弟1名、保護者1名、リーダー3名、リーダー希望の見学者1名の合計10名でした。分団員の年齢層は、小学生(最年少が小4)、高校生、社会人で、5月例会につづいて平均年齢が高いめずらしい分団活動でした。



<参加者の感想文(一部)>

・やさいがでんちだというのがとてもおもしろかったです。そしてかんでんちのなかみがとてもおもしろいしくみで、いろいろありました。でんちのしくみは、おもったよりかんたんなしくみでした。やさいのほかにでんちができるものがないのか?
(大迫力の野菜電池のイラスト付きでした)(小4)

・わたしは、やさいデンチでオルゴールをつなげて、よく音が出るのと、出ないのがあっておもしろかったです。あとでんきがついたりしておもしろかったです。でんちの中を見られたのがうれしかったです。中みがこんなのなんだなぁと思いました。たのしかったです。(かわいいイラスト付きでした)(小2)

・今日の工作はかみとんぼととびだすちょうちょうを作りました。はじめてかみとんぼととびだすちょうちょうを作ったので、どきどきしました。でもとびだすちょうちょうはかんたんでした。そして、皆にちょうちょうの色をぬったらほめられたのでうれしいです。こんどは何をやるの?(小2 女)


@おまけ

「野菜の名前と音のなりかた」

だいこん: 音はするけど何だかわからない
トマト: なかなかなる
レモン: トマトよりすこしよわい
じゃがいも: 音がおかしい
たまねぎ: ちょっとしかなってませんから ざんねん
キウイ: ならない
オレンジ: 音はなるが、何か音が変
にんじん: 音はなるけど変な音

「直列バージョン」
だいこん&トマト:ちゃんと聞こえた
トマト&だいこん&レモン&オレンジ:かなりうるさい

  野菜電池直列 乾電池
モーター ×
オルゴール
LED
さくら分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る