表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
さくら分団
ロボット例会


2006年11月
東京工業大学の先生をお招きして、「細胞型ロボット」の研究についてお話を伺いました。「自己組み立て」や「生物のからだをまねるロボット」など、先生の研究テーマについてのお話を聴きました。
今回は特別に、世界最高の性能を誇る細胞型ロボット『M-TRAN』の実物を持ってきていただき、デモンストレーションもしていただきました。実際に動いているところを見るという、とても貴重な体験ができました。また、本物と同じ構造の模型を使って、ロボットの形を考えました。
最後に、先生から「研究のすすめかた」のお話をしていただきました。ロボット開発の裏話や、先生が考えている次のロボットについて、熱く語ってくださいました。

さくら分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る