表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
さくら分団
地球観測センター見学


2007年5月
人工衛星が地球を観測したデータを受信し処理している、地球観測センターに行きました。センターでは、「だいち」からの映像をリアルタイムで見たり、床に貼ってある地上の写真の上を通って人工衛星になった気分を体験しました。「だいち」が撮影した画像がたくさん展示されていて、空港の滑走路や飛行機の形が読み取れたり、高速道路の車線が見えたり、地球観測センターや自分の家、近所の公園、大きな建物などがはっきり写っているのを見て「宇宙からでも地上の様子がこんなにはっきりわかるんだ!」と感動していました。
展示室では、熱センサー、光学センサーなどのしくみを見ました。また、クイズ形式の講演やビデオ上映で、人工衛星のしくみも学びました。クイズや展示の内容がまだ難しい小さな子も、おりがみやぬり絵のコーナーで楽しんでいました。地球観測センターのグッズもいろいろもらって、みんなよろこんでいました。

さくら分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る