表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
さくら分団
プラネタリウムをみよう
(多摩六都科学館)


2007年9月

毎年、あちこちのプラネタリウムをみていますが、18年度の一番人気は
つくばのエキスポセンターでした。その場で生でお話してもらえるところが
良かったようです。
そこで、今年度も生でお話が聞けというプラネタリウムに行ってきました。
 多摩六都科学館のプラネタリウムでは、上映時間の半分以上がお話。
秋の星座をじっくりと教えてもらいました。後半は、ドラネコ3匹が迷子の
北極熊を育てるお話を通して、地球温暖化、温室効果について教えて貰い
ました。同じ場所で、全店週映画「ダイナソーDX」も上映していて、
恐竜好きの希望者(子供たちだけでなく大人も・・・)は迫力満点の恐竜
映画を見て、史上最大の恐竜アルゼンチノサウルスの謎を解き明かす旅に
出たようです。
 プラネタリウム以外でも、中をよじのぼっていけるスペースシャトル、
国際宇宙ステーションのゲーム、自分で選んだ惑星を探査に行ける展示、
月面歩行を再現するムーンウォーカー、太陽電池など、宇宙に関する
展示が盛りだくさん。8月例会で親しんだ化石の展示もたくさんありました。
触覚、嗅覚、視覚に関するものもあり、5感を働かせたり、自分で動かす
展示がたくさんあって、1日いても時間が足りないぐらいでした。
あいにくの雨模様でしたが、とても楽しい1日でした。
参加者は、分団員7名、サテライト団員2名、お友達・見学3名、
保護者8名、リーダー1名の合計21名でした。

<参加者の感想>
☆赤羽 彩 5歳
「プラネタリウムがおもしろかった。とくに、あきのせいざがおもしろい。
へやの、ばんごう1,2,3,4,5ぜんぶおもしろかった。」

☆岩崎春奈 小5「・プラネタリウムがおもしろかった。
・秋の星座の事がよくわかった。  
・宇宙の科学と生活の科学がおもしろかった。
・宇宙の科学は、スペースシャトルの乗り物が楽しかった。
・生活の科学は、へやがななめの所が楽しかった。」

☆長田佑樹 小2
「ちきゅうおんだんかだから、ちきゅうおんだんかをとめて、
星のきれいな町にしたいです。
 あとぼくがずっとしりたかったブラックホールのことがちょっと
わかってよかったです。またいきたいです。」

☆平野瑠奈 小2
「きょうプラネタリュームに行きました。
そして、かがくじっけんきょうしつを見ました。」

☆府川 慎 小2
「・分団い外の友だちに会えて、うれしかった。 
・においをかいであてるやつがたのしかった。」

☆府川 徹 社会人(分団員)
「・プラネタリウムに間に合わなくて残念でしたが、多摩の化石が
見られたので、おもしろかったです。
・動体視力勝負で、ナッちゃんがしんくんに勝ちました。すごい!すごい!」
(ナッちゃん:宮島夏生3歳、しんくん:府川慎)

☆宮島健太 小1
「プラネタリュウムでは、ダイナソーとレオとミケとルーのおはなしを、
みました。てんじしつでじしんのえいがを、みました。
プラネタリュウムのダイナソーがおもしろかったです。なんでかというと
きょうりゅうがいっぱいでてきたからです。」

☆三宅 凛 小2
「・ダイナソーDXがたのしかった。 
・てんじぶつがたのしかった。 
・ダイナソーをまた見たい。」

☆三宅由紀子 保護者
「いままで数多くのプラネタリウムを見てきましたがクイズまで
できるのは初めてでした。
展示物も参加形式のものが多くて、子供は楽しんで参加していました。
来て良かったです。」

☆森 詩音 小2「プラネタリュームがきれいでした。
いろいろな星ざがでてきました。
わたしがすきな星ざはペガサスです。でもいろいろな星が見られたので、
たのしくて、きれいでした。」


さくら分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る