表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
佐野分団
バードウオッチング&ハイキング

2008年7月

<活動の内容>
こどもの国専用バスにて日光いろは坂を上り、中禅寺湖を横目に戦場ヶ原に向かいました。「戦場ヶ原自然研究路」は湯滝〜小田代橋〜青木橋 〜赤沼分岐〜しゃくなげ橋〜竜頭滝上までをいい、全長は約5.5キロで、所要時間は約2時間30分から3時間位のコースです。> 見渡すかぎりの湿原を、カラマツやミズナラ、シラカバなどの樹林が包み込むように立ってい標高1,400メートルの戦場ヶ原は、真夏でも吹き渡る風が涼しく、高山植物と野鳥の宝庫です。木道が続く戦場ヶ原沿いに流れる湯川では、マスのフライフィッシングに興じている人も多く見かけました。深く澄んだ湯川の水の流れに沿って木道を歩いて行くと、小滝の豪快な流れや野鳥、草花など沢山のアマチュアカメラマンが写真を撮っていました。竜頭の滝は 湯滝を経て奥日光からを流れてきた湯川が中禅寺湖に注ぐ手前にある滝で、幅10m長さは210mあるうです。竜頭の滝は初めは細い流れでしたが下っていくとこれまた見事な流れで素晴らしく岩肌を洗うように豪快に流れ落ちて行きました。今回の団員の参加者は35人、リーダー6人の賑やかな活動でしたがお陰さまで天候にも恵まれ、楽しくハイキングをしながら多くの野鳥も観測することができ、充実した1日でした。



佐野分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る