表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
仙台たなばた分団
YAC夏キャンプ
〜楽しくなければキャンプじゃないじゃん?!〜
2004年8月

○活動内容、活動の様子

国立花山少年自然の家という大自然に囲まれた場所を生かして、虫を取るための罠をしかけ、虫の観察を行う予定でしたが、夕立のため体育館でのオリエンテーションに変更になりました。子供たちは少し残念そうでしたが、みんなでゲームを楽しんでいました。
夕食は、野外の炊事場でカレーを作って食べました。薪の量やうちわで風を送るなどして、かまどの火加減の調節をしました。各班で協力し、工夫してカレーライスをつくりました。
その後、夜間ハイキングとして、ランタンを持って林の中を歩きました。また、天体観測を行う予定でしたが、雲が出ていたので星の話をしました。
次の日は、まず自然の家にある本物の日時計を見た後、ケント紙を使って日時計制作を行いました。時計の歴史、日時計の仕組みの解説もしました。昼食前には、スイカ割りをしました。年齢の低い子から順番に目隠しをして行いました。

一日目は天候に左右され、思い通りの活動ができず、少し不満そうな様子も見られましたが、これも自然の中での活動ということで、自然の偉大さを感じることができたのではないかと思います。また、分団として初の一泊する活動で、団員どうしやリーダーと、より交流を深めることができました。
仙台たなばた分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る