表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
仙台たなばた分団
近未来ロボットを分解しよう


2006年11月

企業や大学の研究室、団員の家庭などから提供されたエンジン、ロボット、家電製品などを、子どもたちが工具を手にとって思い思いに分解する活動を行いました。
参加者の多くが小学生だったので、ロボットや家電製品の構造についての説明よりも、ドライバやレンチで分解すること自体がとても面白かったようです。このように分解をする機会が少なくなっているので、子どもたちにとっては新鮮な体験ができたようです。


エンジンの分解 テレビの分解

仙台たなばた分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る