表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
仙台たなばた分団
エネルギーって何?


2008年2月

「エネルギーって何?」をテーマに,身近にあふれるエネルギーについてみんなで考えてみました。また,理解の補助として,蒸気機関車や蒸気船を子供たちが作り,蒸気機関の原理について学びました。

<活動の流れ>
講義
はじめにエネルギーの歴史的変遷,つまり蒸気機関の改良によって人類のエネルギー消費量が飛躍的に増加したという事実を紹介しました。次に現在のエネルギー形態として,いわゆる新エネルギー,また,宇宙開発のエネルギーとして宇宙ステーションやロケット発射に使われているエネルギーについて考察しました。

工作
中学生は本格的な蒸気機関車のキットを用いて工作を行いました。この工作は中学生とはいえ,大いに苦戦していましたが,完成して実際にエンジンに点火して走行したときには感動していました。小学生はハンドメイドの蒸気船を作りました。これは簡単かつ工夫のしどころ満載の工作なので,個々人思い思いの船を作って競争をしていました。工作の最後に,自分は何を目的としてどこを工夫したかということをみんなの前で発表しました。

仙台たなばた分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る