表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
白河分団
自然観察・野菜作り
(千葉コスモス分団と合同活動)


2005年4月



<リーダーコメント>

4/16〜17に、こんにゃくの手作りとジャガイモの植え付け作業が、11名の千葉コスモス分団とともに、白河分団から多数の団員と保護者の参加をいただき無事終了することができました。
初日は、降雨のため予定を変更し、こんにゃくの手作りをしました。粉と水酸化カルシュウム、卓上コンロ・計量カップ・水温計等を使用し、青のり・黒ごまや七味を加え、独自の色合いのこんにゃくが出来上がり、持ち帰って食べた味はいかがでしたか。意外と簡単に出来たと思います。今後皆さんも家庭で、いろいろな色のこんにゃくを作って見て下さい。
夜の観望会は、"白河関の森"天文台に移動し、それまでの曇天とは一転し、土星のリングや木星の縞まではっきり見え、感動の一夜でした。ただ、白河分団員の参加が少なかったのが残念でした。
2日目は、ジャガイモの植え付けを行いました、今年は、昨年良く出来た株間30cmに統一し、また畝を作り植え付けました。団員たちが良く働いてくれたので、予定時間が大幅に短縮され早く終了することが出来ました。
最後に交流センターでの食事の準備をして頂いた保護者の皆様、そして、サブリーダーとして2日間小学生たちの面倒を良く見てくれた根本悠平君ありがとうございました。紙面をお借りして御礼申し上げます。

<団員感想文>

千葉分団とおとまり

私は、16・17日に、千葉分団のみんなと関の森に、泊まりました。
1日目は、雨だったので、こんにゃく作りをしました。初めてだったけどりえちゃんと一緒に、頑張りました。上手に作れたのでうれしかったです。夕食のバーベキューはお母さんと食べて、ねぶくろでねました。
2日目は、ご飯を食べて、畑に行って、みずきちゃんと、じゃがいもを植えました。疲れたけど、おもしろかったです。早く大きくなったじゃがいもをしゅうかくしたいなと思いました。
お昼を食べてから、千葉分団のみんなと別れました。
たった2日間だったけど、とてもおもしろかったです。


白河分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る