表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
白河分団
スーパー竹とんぼの制作


2007年3月

1月の活動で行った向井千秋子ども科学館で「スーパー竹とんぼ」を知り、簡単に作ることができてよく飛ぶということで、分団活動に取り入れてみました。事前に、リーダーが再び科学館へ行き、上州竹とんぼの会の方から作り方の指導を受けてきました。

まず、制作に使う刃物などの注意や使い方の説明と竹とんぼの説明をしてから、制作にとりかかりました。のこぎりやカッターなどがなかなかうまく使えず、何度も失敗をしていたようですが、なんとか上手に形にすることができて、やすりで左右のバランスを正確にとって仕上げました。
さっそく飛ばしてみましたが、最初はうまく飛ばすことができませんでした。でも、すぐにコツを覚えて、上手に遠くまで飛ばすことができるようになりました。中には、2機目の製作に挑戦する団員もいました。自分なりに考えた形に作って、うまく飛んだときにはとても喜んでいました。

この「スーパー竹とんぼ」は、誰が作っても飛びますが、まじめに作らないとよく飛ぶものになりません。手抜きをしないでしっかり作れば、良いものができます。次の機会には、自分なりの工夫で作って、競技会へ参加できるものを目指したいと思います。

白河分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る