表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
白河分団
施設見学


2007年3月

白河分団は、4月から10年目を迎えます。その記念に、日本科学未来館の見学と毛利衛宇宙飛行士に会ってお話しを聞くことができればと思い、今回の活動を計画しました。

朝6時にバスで出発して、10時30分に日本科学未来館へ到着しました。
そして、毛利宇宙飛行士と対面することができました。あまり時間がありませんでしたが、「これから日本の宇宙飛行士が宇宙ステーションで活躍します。みなさんも応援してください。また、活動にも取り上げてください」とお話ししてくださって、分団にサイン入りの色紙もいただきました。短時間の対面でしたが、一緒に記念撮影もできて、みんなとても感激していました。
その後の未来館の見学では、これまでに見学してきた科学館とはちょっと違った内容で体験型の展示がたくさんあり、楽しみながら学ぶことができました。帰る時間になっても、みんなまだまだ見たりない様子でした。

<参加者の感想>
・アシモをうごかしたり、レスキューロボットをうごかしているのを見て楽しかったです。もうりさんにも会えてうれしかったです。

・ぼくは、毛利さんにあえてうれしかったです。ぼくも1回でいいのでうちゅうに行ってみたいです。

・ぼくは、うちゅうひこうしのもうりさんにあいました。すごい人だとおもいました。ぼくも、おおきくなったらもうりさんのような人になりたいとおもいます。べんきょうをいっしょうけんめいがんばります。もういちどもうりさんにあいたいです。

・未来館を見てすごいなぁと思った所は、3階にあるちょうでんどうです。なぜかというと「しくみ」がすごいとおもいました。強力なじしゃくをつかい、うかびながら、動く電車なんてはじめてみたのでびっくりしました。

・毛利さんに「がんばればきみたちも宇宙へ行ける」と言ってもらえて、がんばるぞという気になりました。ぼくも宇宙へ行きたいです。
白河分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る