表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
白河分団
サマーキャンプ


2006年7月
千葉コスモス分団との合同活動として、3泊4日の日程で伊豆諸島の新島でサマーキャンプを実施しました。 まだ梅雨明けしていない白河から、梅雨明けした新島に向かい、天候に恵まれた楽しい夏休みの思い出ができました。

初日は、世界で2ヶ所でしか採れないコーガ石の彫刻を体験しました。その後、海釣りに行くグループと露天風呂に入るグループに分かれて、それぞれ楽しみました。夜は肝だめしをしました。

2日目は予定を変更して、向山のハイキングをしました。くもり空で気温も低めでしたが、ハイキングをするにはちょうどよい天候でした。展望台から見た式根島や地内島の眺めもすばらしかったです。午後からは、みんなが楽しみにしていた海水浴をしました。水温が低めでしたが、団員たちは元気に遊んでいました。海水浴のあとは、全員で高台にある露天風呂に入りながら夕日を眺めました。

最終日は、朝早く起きて海まで散歩したり、朝ごはんの後も島内を散策して、新島でのじかんを最後まで楽しんだあと、たくさんのお土産を抱えて船に乗り込み、新島から出港しました。
全員が病気やけがをすることなく、無事にキャンプを終えることができました。

白河分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る