表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
中遠分団
まさつってなに?
2004年11月

スペースシャトルや人工衛星が大気圏に突入すると高温の炎に包まれる映像を見て、空気との摩擦をイメージでとらえました。真空ポンプを使い、落下実験やマルデブルク半球の実験を行い、空気抵抗や真空について学習しました。ローラースケートをはくとうまく歩けないことから摩擦があるから普通に歩けることを試しました。紙やプラスチックシート、紙やすり、タイヤなどを取り付けた角材を斜面からすべり落とし摩擦の大きさを斜面の角度で調べることができることを学びました。
最後に摩擦を小さくするようにCDと風船を使ってホバークラフトを作りました。

静岡磐田分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る