表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
静岡磐田分団
パズルに挑戦 〜パズルといってもサイエンス〜


2008年1月

数学パズル「ハノイの塔」を厚紙とストローで製作した。大小のワッシャーを使って2枚の移動、3枚の移動、4枚の移動を行い、5枚、6枚では移動回数が何回になるか推測した。小学校6年生は割と早くできたが、低学年の団員はだいぶ悪戦苦闘した。さらに「だまし絵」で頭の体操をしました。
静岡磐田分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る