表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
分団サイエンスキッズみたか
子ども衛星アイデアコンテストに応募しよう


2007年5月

「子ども衛星アイデアコンテスト」に応募するための人工衛星を、グループや個人で作成しました。
はじめに、人工衛星がどのような役割を果たしているか、動画とJAXAのテキストで学習しました。そして、団員たちが事前に考えてきたアイデアについて、「何のための衛星か」「誰が使うのか」「どんな時に使うのか」「どこで使うのか」「どのように使うのか」の項目にそって整理してみました。
衛星の絵をかいたり、工作したり、全員が応募用紙に記入してそれぞれ発表しました。


<参加者の感想>
・今日はえいせいの絵をかいたり、なんのためにえいせいをつくるのかをやりました。目てきなどを考えるのがむずかしかったです。最後にはできてよかったです。

・今日作ったやつは力作です。とっても楽しかったです。今までで一番楽しかったです。

・ひさしぶりにこうさくしたのでたのしかったし、ちょっぴりたっせいかんがあった。

・衛星のことについていろいろ考えたことがおもしろかったです。他の人の作品もよくできていたと思いました。

分団サイエンスキッズみたかへ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る