表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
分団サイエンスキッズみたか
かぐやに乗って月に行こう


2008年1月

月と月衛星かぐやについての基礎知識を学習し、月での自分がやりたい調査・実験ミッションについて考えました。

<活動の流れ>
*藤島副分団長より、月の満ち欠け、月食、温度や質量などについての基礎知識を、プロジェクターを使用して解説。

*成田リーダーより、かぐやの命名の由来、かぐやの機能、役割、特徴などに就いてプロジェクターを使用して解説。

*団員各自が「月で試してみたい実験や調査したい内容」について考える。

*考えた結果について一人ひとりが発表と質疑応答を実施。発表内容の主なものは次のとおり。
・ 月の土でボールを作って姉妹でキャッチボールをする。
・ 月で紙飛行機を飛ばしてみる。
・ 月でゴム風船を飛ばしてみる。など
*感想文を作成して終了。

<参加者の感想>
*月のことがよくわかりました。うちゅうにいってみたいです。だれでもうちゅうにいけたらいいなとおもいました。

*今日は説明がよかった。えいぞうの説明はおもしろかった。月のことが色々分かってよかった。きてよかった。

*むつかしかったけど、わかったところもありました。わたしもかぐやにのって月にいきたいです。

*月でやってみたいことを書くのが大変だった。そして、みんなの月でやってみたいことがわかってよかった。

*月のことがわかったし、昼は110°で夜は-170°だなんて昼はあつすぎるし、夜は寒すぎるから、大変だなと思った。


分団サイエンスキッズみたかへ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る