表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
分団サイエンスキッズみたか
真空で遊ぼう


2008年2月

密閉容器と注射器を材料に、低気圧実験器具を製作しました。 製作した実験器具を使って、身の回りの物体が低気圧の中でどう変化するかを実験により確認しました。

<活動の流れ>
密閉容器と注射器を材料に、低気圧実験器具を製作。実験は、各物体ごとに、「どう変化するかを予測する」「実験する」「結果を確認する」のステップで、学習シートに記録しながら進行。実験に使った物体は次のとおり。
・ ゴム風船   ・包装菓子  ・マシュマロ  ・温水  ・ラップ

<参加者の感想>
・きあつのいみがわかった。さいごのラップがわれるのがこわかったです。またいえにかえってやりたいです。
・ラップのわれる音がすごく大きくてビックリした。
・マシュマロが大きくなってとくしたきぶんになった。ラップの大きな音にビックリしました。とてもたのしかったです。
・きあつのじっけんはたのしかったので家ではちがうものでやってみます。
・たのしかったです。さいごは大きな音がするときいたのでこわかったです。今日はたいへんなじっけんをしたのでびっくりしました。またおうちでそのじっけんをしてみたいです。
・きょうのじっけんのなかでいちばんたのしかったのはあめのじっけんとラップのじっけんでした。おもしろかったです。
・ラップの実験がとくに楽しかったです。
・きあつがたいけんできてたのしかったです。


分団サイエンスキッズみたかへ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る