表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
館林分団
横浜火力発電所に行こう!
2004年4月



横浜火力発電所の見学をとおして火力発電の仕組みを学習し、理解を深めるとともに地球環境に目を向け、これからのエネルギー問題を自分の問題として受け止める機会になりました。

(1)私たちの生活を支えている電気について学びました。
東京電力に着いてからすぐに、電気の大切さを知るビデオの鑑賞をしました。内容は、震災によって電気がストップしてしまう話や、故意的に数週間電気のない生活を送った様子。私たちの生活の中のありとあらゆるものに、電気が使われているということを知る機会となりました。

(2)ビデオを見た後、施設見学をしました。
とても長い煙突が特に印象に残りました。東京電力の中に設置されている東京電力クイズにも挑戦しました。展示を見ながらクイズを解きました。施設内だけでなく、野外にもクイズは設置されています。火力発電所とは思えないほどの緑豊かな自然で、まるで公園のようでした。東京電力の施設見学を行い、電気の大切さを知る機会となりました。

(3)横浜の中華街に行きランチを済ませ、各自で中華街の散策も行いました。
日本とは思えない町並みに、団員たちは圧倒されたようです。
館林分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る