表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
館林分団
電子顕微鏡を操作しよう、人工衛星を考えよう


2007年5月
今回の活動では、電子顕微鏡を操作してアリの単眼や複眼、きもんなどを観察しました。100倍、1000倍、2000倍、5000倍と倍率を上げていき、映し出される画像に団員からはおどろきの声があがりました。
また、DVD『わかったよ!天文観測衛星』を観賞して人工衛星の種類やはたらきを学び、「子ども衛星アイデアコンテスト」に応募する人工衛星を考えました。
宇宙について知っていることや疑問を出し合って、これからの活動の課題探しもしました。
館林分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る