表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
館林分団
宇宙をまなぼう その1


2007年6月
<活動の内容>
(1) 空気について考えよう
大気圧について図を利用しながら考えました。

(2) 真空ってどんなこと

空気の粒の様子を図を使って考えたあと、実際に真空実験器で真空の様子を確認しました。その後、各自「簡易真空実験器」を作って、風船やマッシュルームを入れた実験やラップをかけた実験などをおこないました。

小さい子どもの参加も多かったので、真空の前に大気圧について学習しました。空気の粒の押し合いを体感することで理解できた様子でした。
簡易真空実験器は、弁を作るところが難しかったようですが、全員完成させることができました。60度のお湯が真空状態で沸騰する実験や、ラップをかけて真空にすると大きな音で爆発する実験をして、みんな驚いていました。
館林分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る