表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
苫小牧分団
やじろべえを作ろう
2004年6月



物のバランスを考えるために、「やじろべえ」の製作をしました。
構成は日本の宇宙往還技術試験機「HOPE-X」の模型と地球に見立てたピンポン玉、月に見立てたスーパーボールからなります。
糸鋸を使って樹脂板を切り、HOPE-Xの模型を製作。約50cmの針金の両端に、模型とスーパーボールを取り付けました。針金を上下左右に曲げたり、短く切ったりしながら、バランスをとるのに手間がかかりました。


苫小牧分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る