表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
苫小牧分団
立体写真


2006年3月

立体写真の原理や、実際に衛星に利用されていることを学びました。


1. 原理をパワーポイントを利用して紹介
2. 型紙と焦点距離150mmのレンズ2枚を使って、立体ビュアーを製作
3. デジカメを使いグループに分かれ、それぞれがセットした被写体を撮影する。
  グループによって被写体までの距離とカメラの移動距離が違う。
4. 立体ビュアーの下にプリントアウトしたものを左右それぞれ置く。
5. ゲイラカイトによる航空写真の撮影方法を紹介
6. 立体カメラモデルを紹介
7. 衛星から撮影(センシング)されたものがどのように利用されている(役立っている)
  か紹介する

教材:A4型紙1枚、のり、はさみ、カッターナイフ、プラスチックレンズ(焦点距離150mm)x2枚
   カッティングマット、「衛星写真に挑戦」パワーポイント

 

型紙のカット風景
被写体のセット(複雑に)
プリントアウトしたものをビュアーで確認
切り抜いた型紙
苫小牧分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る