表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
宇都宮泉が丘分団
防災館・新栃木変電所見学会


2005年2月

防災館の見学・体験を通して、地震の仕組みや震度による揺れや自然現象を学びました。
内容:
防災館…VTR、強風体験、地震体験、大雨体験など
新栃木変電所…栃木の電気の説明や、変電所構内見学

<参加者の感想文>

・防災館では、煙体験を初めにやりました。初めに入った時、目の前が薄く見えるだけで、あまり見えない状態で本当に(火事など)があったら大変だと思いました。次は地震体験をやりました。「震度7」の時はものすごく揺れていて、グラグラしていて体験している時はつかまっていたけど、本当はつかまっていない状態で地震が起こる時があるので、地震なんかなければ良いと思いました。最後は風の体験でした。飛ばされそうになって息が苦しくなってきて、後ろを向いたりしていました。楽しかったです。変電所では、電力(電気)のことをいろいろ教えてくれて、今まで分からないことを教えていただき、これからどのように「電力(電気)」を使えばいいのか分かりました。(4年)

・地震はすごいこと。地震が起きたときどのようにすれば良いのか良く分かった。地震体験ではちょっと怖かった。けれど面白かった。変電所に来たのは初めてでした。500万Vもの電力があることを知った。(4年)

・防災館の煙体験や強風体験・地震体験が面白かった。でも、地震体験の時気持ちが悪くなってしまい、まともに歩けなかった。(4年)

・地震体験や大雨体験、強風体験、煙の部屋(?)など防災館では普段出来ない体験ができて、楽しかったです。(5年)

・防災体験がすごく楽しかった。何故地震が起こるのかよく分かった。(5年)

・災害体験などの活動などが出来てとても良かった。変電所の見学や説明も楽しく出来た。もう1回やりたかった災害体験で、強風体験などももう1回やりたかった。(6年)
宇都宮泉が丘分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る