表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
宇都宮泉が丘分団
反動フロート・
多段式ロケットを動かそう
2004年6月

かまぼこの板、消しゴム、輪ゴムを使って、各自反動フロートを作成。ビニールプールに水を張り、各自、自分の作った反動フロートを動かしてみました。


<参加者の感想文>

・実際に(反動フロートを)作ってやったので、どのくらい動いたかが、とてもよくわかった。また作る機会があれば、今回学んだ"ゴムの本数が多ければ多いほどよく飛ぶ"というのをいかして、作ってみたいと思います。他にも、多段式ロケットなどの話があってとても楽しかったです。今回の活動はとてもいい活動だったと思います。

・飛行機をこれからも自分で作れると思いました。よく飛んでよかったです。それから、飛行機のいろんな羽の名前がわかりました。飛行機の羽のそれぞれの働きをもっとよく調べたいです。大きな飛行機がどのような仕組みで飛ぶのかも調べてみたいです。反動フロートはあまりうまくできなかったけど、糸のわっかを小さくするといいことがわかりました。

・自分で作り方をよく読んで、がんばって作ったのを、実際にやったときに成功させるように、いろいろ工夫して作ったので、成功しました。これからも、かまぼこの板があったら、実際にまたやってみたいと思います。消しゴムは、2本のくぎの方へ進み、板はその反対にとんでいくことがわかりました。輪ゴムは3本のほうがよく飛んで、紙は短い方がよく飛ぶということがわかりました。今回も楽しかった!


宇都宮泉が丘分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る