表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
宇都宮泉が丘分団
手づくりデザート
〜ぷるるんデザート2種〜
2004年9月

デザート作りを通して、宇宙食につながる保存食について考えました。
寒天や粉末ゼリーを原料にした物を使い、デザート作りを実習しました。また、「保存食」についての講義を聞くことにより、身近な食料をどのような方法で保存しているかを考えまし。また、実際の「宇宙食」を試食することにより、「宇宙食」も「保存食」であることを理解しました。


<参加者の感想文>

・今回の活動の良かったことは、みんなで料理を作れたこと。保存食についていろいろ解ったこと。疲れたけど楽しく、美味しく食べられました。去年よりバージョンアップしていなかったのが残念です。(6年)

・宇宙食が食べられたことと、いろいろな保存食のことが分かったことが、良かった。ゼリー作りがとても楽しかった。このような機会が有ったら是非参加したい。(6年)

・ゼリーなどの作り方が解って良かったです。味はちょっぴりビミョーだったけれど最後までちゃんと作れて良かった。いろいろ保存するために工夫されている食品をみつけたら今回の活動を思い出してみたい。それにゼリーも出来れば作りたいです。いろいろゼリ−などを作れて本当に良かったです。「宇宙食」はちょっと苦いかなと思ったけれど、とても美味しかったです。(5年)

・ゼリーや牛乳カンを自分で作れて良かった。すごく美味しかった。宇宙食が食べられて良かった。(5年)

・デザートが食べられて良かった。作るのも楽しかった。保存食のことを知った。楽しかったし、美味しかったし、面白かった。(4年)


宇都宮泉が丘分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る