表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
宇都宮泉が丘分団
ホバークラフトを作ろう
2004年10月

空気には重さが有るのかを考えることと、気圧について考えました。
350mlのビ−ル缶に水を入れ、ガスで熱し水に入れ空き缶が潰れることを観察しました。空気の力で空き缶が潰れることを学びました。ホバークラフト作りを通じて、空気の力でホバークラフトが浮くように動くことを学びました。


<参加者の感想文>

・面白く、楽しく活動が出来たし大成功したことがとても良かったです。今回の活動を生かしちょっと進化させたホバークラフトを沢山作りたい。今回の活動が楽しくできて、ホバークラフトが活発に動いたことがうれしかった。
(4年)

・自分たちで簡単に作れて遊べたことと、面白く作れて楽しかったことが良かった。今回の活動を生かし、また作ってもっと詳しく実験してみたい。不思議だなあと思ったところを調べてみたい。(4年)

・ホバークラフトを作ったり、それが風船の力で浮いて良かった。ビデオでホバークラフトの人が乗れるものが見れて良かった。空き缶がちゃんと潰れて良かった。(5年)

・ホバークラフトをうまく作れて良かったです。空き缶つぶしは怖かったけどうまく潰れて良かったです。ビデオを見て、ドラム缶のように固い物でもあんなに簡単に潰れてびっくりした。ホバークラフトが上手く飛んでうれしかったです。(5年)

・空気の力で、物を動かせるホバークラフトは感動出来た。空気でも物を動かせることが空気のいいところだと思います。自分たちで作ったホバークラフトで、空気で物を動かせたところがうれしかったです。(5年)

・ビデオを通して、空気には重さがあることやビール缶が潰れたことがすごいと思いました。いつか未来にビール缶をこの技術で簡単潰せることが出来れば良いと思いました。空気の偉大さにはびっくりしました。(6年)


宇都宮泉が丘分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る