表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
大和まほろば分団
子ども宇宙・科学クイズ大会


2005年4月

大和まほろば分団を広く知ってもらうことを目的にクイズ大会をしました。団員17名と一般8名の25名で「天文クイズ」4問と「宇宙クイズ」4問に挑戦しました。「天文クイズ」の出題は三井リーダーが出題しました。
ジュニアサイエンティスト4月号のスターフィールドガイド(24ページ)を見ながら、惑星と星座についてのクイズに挑戦しました。2005年5月中旬午後8時に南の空でとても明るく輝いている惑星や、西の空のふたご座のそばで輝いている惑星などのクイズに3つの答えから1つを選びました。4班に分かれて難しい問題に挑戦しました。「宇宙クイズ」の出題はリーダーが出題しました。
火星で活躍する探査機、日本のロケットについてのクイズに挑戦しました。5月に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー号」で宇宙に向かう宇宙飛行士のクイズでは野口さんと答えた人が多くいましたが、毛利さんと答えた人もいました。
後半は、フィルムケースロケットを作りました。二唐分団長の説明を聞きながらみんなで協力して作りました。ロケットには自分の名前と日本のロケットであることを示す日の丸を書きました。またロケットの飛ぶ原理について風船を使って理解しました。完成したフィルムケースロケットは、奈良公園で打ち上げました。お風呂で使う発泡剤と水をフィルムケースに入れて飛ばしました。発泡剤をたくさん入れたり、振ったりしてより高く飛ぶように工夫しました。
クイズやフィルムケースロケットの打ち上げと楽しい大会となりました。
分団長のあいさつ クイズに答える一般参加者
大和まほろば分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る