表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る

吉田町宇宙芸術祭分団
つくば市・筑波宇宙センター見学

2004年7月

1泊2日の活動です。
「地質標本館」には予定より早く入館でき、“石を割ってみよう!”のイベントにも参加することができました。割った石の性質などを指導員から説明を聞くことができ、実験コーナーでアンモナイトの化石を粘土に写し持ち帰ることもでき、みんな喜んでいました。
宇宙センターでは敷地が広大で施設の移動はバスに乗車して行いました。専門職員説明を受けながらの見学で、宇宙開発の実験棟「きぼう」の実物大モデルに入ってみたり…驚くことばかりでした。子どもたちばかりではなく、大人も宇宙開発・宇宙のスケールの大きさに興奮しました。
「筑波学園都市に住みたい!」と感想を述べている団員が多かった。
宇宙少年団の活動としてぜひ体験したかった宇宙センター見学だったので、充実した2日間でした。



以下は、参加者の感想です。

地質標本館
・石をわったらピンクのいしがでてきて、しらべてもらったら、バラきせきという名前だった。(小3 女)
・ぼくは、地しつ標本館に行ってアンモナイトのかたおしをしたり、石わりし、どの石か見わけてもらったりしたのがたのしかったですし、一番いんしょうにのこっています。(小4 男)
・アンモナイトが良くできてよかった。と中にあったきょうりゅうの足がとーってもでっかかった。(小4)
・「石を割ってみよう!」をして、最初の石は、ただ黒かっただけだったけど、2回目は、バラき石が出てきて、うれしかった。(小6 女)
・アンモナイトを作れてよかったです。(保護者)
・最初の見学場所でもあり、合わせて体験学習(石割り、粘土で作る化石模型)等で少し見学時間が子どもたちには少なかったようでした。(リーダー)
・立派な標本館で地質・鉱物のことがよくわかった。地球の鉱物はいろいろとあり初めて見た美しい標本を多数見ることができた。アンモナイトのレプリカをつくったが、いろいろと体験できるので楽しさが増す。(リーダー)
・気づいた人は何人いたか知りませんが、ホール天井にあった日本の地下から見上げた日本のオブジェ。地震の発生源を地下から観察できるという目のつけどころがシャープで感激でした。(分団長)

地質標本館では自分で選んだ石を割ってみて、
指導員の方に石の鑑定をしてもらいます。
割った石は持ち帰ることができ、みんな
お土産第1号に大喜びでした。

恐竜の卵のレプリカや糞の化石。
「くさくないかなー」
筑波宇宙センター
・筑波宇宙センターで宇宙のしらなかったことがよくわかった。(小3 女)
・ロケットの小さいもけいや、ロケットのエンジン、うちゅうふくなど、うちゅうのことをいろいろとおしえてもらい、うちゅうしょくもうっていてたのしかったです。(小4 男)
・うちゅうステーションのもけいにのれてよかった。いっぱいロケットがあったことにかんしんした。(小4)
・宇宙のことがよく分かってよかったです。人工えい星に、マジックテープがはってあるなんて初めて知りました。(小6 女)
・ロケットのエンジンや人工衛星など、つくばに来なければ見れない物ばかりに感激しました。あと、宇宙飛行士になる為には、基礎訓練や英語、ロシア語の勉強が必要ですが、一番要求されるのが「協調性」ということに、なるほど!と思いました。(保護者)
・宇宙センター展示案内説明者が、同行してくれたので子どもたちにも理解しやすかったと思います。(リーダー)
・広大な敷地でバスで移動はびっくり。はじめVTRを見て、実物模型を見たり、さわったりして、宇宙開発の夢が広がっていく感じで受け入れよかった。(リーダー)
・展示されている全てが本物で、第一級のリアリティーを感じました。ただ、宇宙という事に重点が置かれているせいか(当たり前ですが)、「地球」とか「地球環境」をいつも思い出してしまうという視点があってもいいと感じました。(分団長)


筑波宇宙センターの「きぼう」の中に入って、操作、器具類の説明を聞きました。
無重力で浮いた状態での作業なので、あちこちに黄色のバーが付いていて、
そこにつかまって行うそうです。

つくばエキスポセンター
・おみやげやさんで光ソーラーカーやひかるほしなどがうっていた。(小3 女)
・じてんしゃのあそび、風にどれだけたえられるかとかのいろいろなあそびがあってたのしかったです。(小4 男)
・昼ごはんのカレーがレトルトのくせにおいしかった。ロケットのもけい(でっかいの)が近くにいかなくても見えた。(小4)
・大っきなロケットのもけい(!?)が目印でなんか、カッコよかった!また、行きたいです。(小6 女)
・つくばならではのおみやげを買うのが楽しかったです。(保護者)
・さまざまな体験装置に乗る事ができたと思う。親が引率している事で多数の体験学習ができたと思います。(リーダー)
・地球のことや宇宙の様子、そして開発のことが誰にもわかったと思う。太陽への宇宙旅行の擬似体験ロケットに乗ることができた。天智天皇が作らせたという水時計の大きさや精巧さにびっくり。感心しきりであった。(リーダー)
・時間がもっとあれば、世界最大級のプラネタリウムも見てみたかったです。(分団長)

松見公園には大きな池があり、発育のよいコイが
たくさん近くに寄ってきました。
エサがもらえると思ったのかな?

公園内にはアスレチック遊具もありました。
とにかく広い。
その他
・こんどはもっと、宇宙のことがわかる、場所へ行ってみたいです。(小3 女)
・行くと中にながれたビデオ、あのキャンプのほうがあったら行きたかった。(小4)
・来年も、つくばへ行くのであれば、行ってみたいです。(小6 女)
・だされた食事にほとんど手をつけなかった多くの子どもたち。飽食な時代なんだと改めて感じました。たくさんの友達と一緒に楽しく活動できてとてもよかったです。貴重な体験をさせていただいて、本当にありがとうございました。(保護者)
・計画通りにスムーズに行えて大変良かったと思います。バスの中も子どもたちは退屈がらずに親と過ごせて良かったと思います。(リーダー)
・つくば市を2時間くらい散策。公園通りは約5km?自動車道と交差せず、安心して風景に見とれることができた。すばらしいのは空き缶やペットボトルが1つも落ちていなかった!!(リーダー)
・リーダーの方々、本当にありがとうございました。各方面で「百戦錬磨」の女性軍に支えられ、事故ひとつなく無事帰る事ができました。ご苦労さまでした!(分団長)
吉田町宇宙芸術祭分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る