表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
吉田宇宙芸術祭分団
プチロケット教室


2007年6月

フイルムケースや紙コップなどの身近な材料でプチロケットを作り、エタノールを使って打ち上げる実験をしました。
ロケット本体の製作は、低学年の子どもたちも順調に進めることができました。打ち上げ実験では、最初は点火を怖がったり発射音の大きさにびっくりする子がいましたが、何回か続けるうちに、ロケットが高く打ち上がることを楽しんでいました。

みんなで製作開始!紙コップとフィルムケースの2種類を作ったよ!


エタノールを使って発射実験をするよ紙コップロケットの発射音にビックリ!!

<参加者の感想>
・作るのはかんたんだったけれど、うち上げるのはこわくて、むずかしかったです。

・打ち上げ実験でバンというときがスカッとして気持ち良かった。もっと高く上がるかん単なロケットを作ってみたい。

・ロケットを作るのが楽しかった。打ち上げの音がうるさかった。

・よく飛んでうれしかった。作るのが楽しかった。

吉田宇宙芸術祭分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る