ハローヒューストン!in 相模原
〜テレビ会議システムを活用した古川宇宙飛行士との交流会〜

 2007年12月1日(土)午前、神奈川県相模原市で、テレビ会議システムを使って、ヒューストンで訓練をしている古川聡宇宙飛行士と、相模原分団の団員42名とJAXAクラブのお友達8名が交流はしたよ。「ハロー・ヒューストン」と呼びかけたら「ハロー・相模原」と答えてくれ、交流会はスタート!
 最初に、古川宇宙飛行士は自分の訓練のこと、国際宇宙ステーション、日本の実験棟「きぼう」についてお話があったよ。それから、いよいよ子供たちの質問タイム!「持っていきたい宇宙食は?」「お医者さんが宇宙飛行士になると何かいいことがあるの?」「宇宙で目覚まし用に音楽をかけるならどんな音楽をかけますか?」「どの星に行ってみたいですか?」「宇宙飛行士になるにはどんなことに気をつけたらいいですか?」などたくさんの興味深い質問がなされ、それぞれの質問に古川宇宙飛行士は丁寧に答えてくれたんだ。
 テレビ会議システムを活用した交流会は、古川宇宙飛行士の表情も見られ、古川宇宙飛行士にも会場の子供たちの顔が確認でき、すごく身近に感じることができた交流会だったな。



「ハロー相模原!」と古川宇宙飛行士登場!みんな積極的に手をあげて質問したよ


みんなの疑問もみるみる解決澤井分団長のあいさつでしめくくり




活動紹介へ戻る 表紙へ戻る