トップページ > 分団活動報告 > 和歌山分団 > アルコールでロケットを飛ばそう

分団活動報告

和歌山分団
報告日:2016年12月10日

アルコールでロケットを飛ばそう

活動詳細

活動日・期間 2016年12月10日 9:30-11:00
活動場所 和歌山県 サンケイ寄合橋ビル2階(和歌山市湊本町1丁目23番地)
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92640-8222+%E5...
参加者 総数:22名
 ・団員: 21名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 0名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など)
活動内容 工作 、 実験

活動の流れ

9:15受付開始
9:30活動のテーマ「アルコールでロケットを飛ばそう」を説明
9:35活動開始
ロケットはなぜ飛ぶのか?を分団員に問いかけ、様々な答えを引き出す。
ペットボトルの水ロケットや固体ロケット・液体ロケット等はどの様にして飛ぶかを、改めて学んだ。
★ロケットは風船と同じしくみで飛ぶ①
 いっぱいにふくらませたゴム風船は、手をはなすと空気を吹き出しながら飛んでいきます。 このとき風船を動かしているのは、空気を吹き出した反動による力で、これを「推力」(すいりょく)といいます。
★ロケットは風船と同じしくみで飛ぶ② 
推力は、空気が吹き出される向きとは反対の方向にはたらきます。
ロケットが飛ぶ原理もこれと同じで、ロケットはエンジンの中で高圧の燃焼ガスを大量につくり、それを後ろに高速で噴射(ふんしゃ)することによって、前に進む力を得ているのです。
後、固体ロケットの場合、液体ロケットの場合など詳しく説明を受けた。
講演が終了し、実際に紙コップを使って打ち上げをする前に紙コップと色紙・水性ペンを使い、ロケットを制作し、飛ばしました。
缶ジュースの中にエタノールを入れ、発射!良く飛ぶロケットは2m位飛んでいた。

活動の留意点・安全対策

エタノールを燃やすため、火が残っている場合があるので、発射台を触らないように伝えた。

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 和歌山分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    西田 弘
  • 結団日
    2009年8月1日
  • 主な活動地域
    和歌山市内
  • 主な活動施設
    和歌山リビング新聞社 会議室
    和歌山大学宇宙教育研究所
    和歌山県立桐蔭高校
    その他
  • 主な活動日
    基本的に第2土曜日(変更あり)
  • PR
    和歌山分団では和歌山大学宇宙教育研究所・JAXAスペースティーチャーズ和歌山と連携協力し、宇宙・科学工作・実験・自然観察・天体観測・ボランティア活動に至るまで、あらゆる事に月1回活動を予定しています。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    入団月は毎年4月になります。
    (年度途中の入団は受け付けておりません。)
    小学校4年~6年まで
  • 連絡先TEL
    073-428-0281
  • 連絡先FAX
    073-428-3421
  • 所属組織に
    支払う年会費
    なし