分団活動報告

和歌山分団
報告日:2019年09月16日

水の不思議体験

活動詳細

活動日・期間 2019年09月14日 9:30-11:00
活動場所 和歌山県 サンケイ寄合橋ビル 2階会議室(和歌山市湊本町1丁目23番地)
参加者 総数:30名
 ・団員: 24名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 5名
参加層(活動対象) 小学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 科学一般(物理・化学・地学など)
活動内容 実験 、 観察・観測

活動の流れ

9:00:受付準備~受付開始
9:30:「水の不思議体験」スタート
JAXAスペースティーチャーズ和歌山の塩崎先生を講師に今回の活動を行う。
まずプロジェクターを用いて「水=H2O」についてその大切さや宇宙での存在についての説明があった後、水分子がプラス(水素)とマイナス(酸素)に分かれていることを学ぶ4つの実験に取り組んだ。
1つ目は水とヨウ素(イソジン)と油を使っての実験。2つ目は水とヨウ素、アスコルビン酸を使っての実験。3つ目は保温機能が付いた水筒の中に水を入れ水の温度を上げる実験、4つ目はタバスコと10円玉、綿棒を使っての実験を行った。
1つ目と2つ目の実験では主に液体の色の変化で水がプラスとマイナスに分かれていることを学んだ。3つ目の実験では水筒に入れた水を振り続けることで、水分子の摩擦熱が生まれ、水の温度が上昇することを学んだ。4つ目の実験では酸性の液体で酸化した10円玉のサビを取り除くことで酸性の特徴を学んだ。
11:00:塩崎先生に分団員全員でお礼を伝え、最後に集合写真を撮影した。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

私たちに最も身近な水を使っての実験にいろいろな驚きがあり、終始夢中に取り組んでいた。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 和歌山分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    西田 弘
  • 結団日
    2009年8月1日
  • 主な活動地域
    和歌山市内
  • 主な活動施設
    和歌山リビング新聞社 会議室
    和歌山大学宇宙教育研究所
    和歌山県立桐蔭高校
    その他
  • 主な活動日
    基本的に第2土曜日(変更あり)
  • PR
    和歌山分団では和歌山大学宇宙教育研究所・JAXAスペースティーチャーズ和歌山と連携協力し、宇宙・科学工作・実験・自然観察・天体観測・ボランティア活動に至るまで、あらゆる事に月1回活動を予定しています。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    入団月は毎年4月になります。
    (年度途中の入団は受け付けておりません。)
    小学校4年~6年まで
  • 連絡先TEL
    073-428-0281
  • 連絡先FAX
    073-428-3421
  • 所属組織に
    支払う年会費
    なし