トップページ > 分団活動報告 > 和歌山分団 > 気象の基礎と生活との関連

分団活動報告

和歌山分団
報告日:2020年01月11日

気象の基礎と生活との関連

活動詳細

活動日・期間 2020年01月11日 9:30-10:50
活動場所 和歌山県 和歌山県 和歌山市湊本町1丁目23 サンケイ寄合橋ビル2階会議室
参加者 総数:13名
 ・団員: 11名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 0名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙科学・天体
活動内容 講演 、 観察・観測

活動の流れ

9:00~受付
9:30~活動開始
プロジェクターを使って、気象について様々なことを学びました。
①気象とは何だろう
・地球で起こっている現象・天気のもと・観測の方法など
今も昔も人が空を見て観測します。観天望気という。現在は観測装置や衛星など②気象観測の種類
・地上気象観測(気象台でする観測)
・海洋気象観測(海洋気象船やブイでの観測)
・高層気象観測(上空高いところでの観測)
・衛星気象観測(ひまわり8号での観測)
様々な観測方法があり、測定内容は降水量・積雪量・気温・風・湿度・蒸発量・気圧・日射量・日照時間・雲・天気などがある。アメダスの説明もあった。
最後に雨量計の説明をして頂いてから、500ccのペットボトルを使って雨量計を製作しました。
11:00活動終了し、集合写真撮影して解散。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

気象について知っていることもあったが、知らない事もたくさんあり興味深く栗柳先生の話に耳を傾けていた。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 和歌山分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    西田 弘
  • 結団日
    2009年8月1日
  • 主な活動地域
    和歌山市内
  • 主な活動施設
    和歌山リビング新聞社 会議室
    和歌山大学宇宙教育研究所
    和歌山県立桐蔭高校
    その他
  • 主な活動日
    基本的に第2土曜日(変更あり)
  • PR
    和歌山分団では和歌山大学宇宙教育研究所・JAXAスペースティーチャーズ和歌山と連携協力し、宇宙・科学工作・実験・自然観察・天体観測・ボランティア活動に至るまで、あらゆる事に月1回活動を予定しています。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    入団月は毎年4月になります。
    (年度途中の入団は受け付けておりません。)
    小学校4年~6年まで
  • 連絡先TEL
    073-428-0281
  • 連絡先FAX
    073-428-3421
  • 所属組織に
    支払う年会費
    なし