トップページ > 分団活動報告 > 和歌山分団 > 宇宙飛行士のミッションと宇宙の公用語

分団活動報告

和歌山分団
報告日:2020年02月08日

宇宙飛行士のミッションと宇宙の公用語

活動詳細

活動日・期間 2020年02月08日 9:30-10:50
活動場所 和歌山県 サンケイ寄合橋ビル 2階会議室(和歌山市湊本町1丁目23番地)
参加者 総数:9名
 ・団員: 8名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 0名
参加層(活動対象) 小学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙飛行士・宇宙での生活
活動内容 講演 、 交流

活動の流れ

活動テーマ:宇宙飛行士のミッションと宇宙の公用語
講師:JAXAスペースティーチャーず和歌山・湊小学校 校長 戸川定昭さん

9:15受付
9:30活動開始
・国際宇宙ステーション(ISS)では14ヶ国参加し、宇宙の公用語は英語ですが、最近はロシア語も必要との事でした。ISSの規模や衛星・宇宙でどのような活動をしているのか?等様々なことも学んだ!
・ISSの大きさはサッカー場と同じ位
・地球1周を90分で回り、1日で地球16周する。
・地球から400㎞の高さ飛行している
・宇宙飛行士になるためには自然科学系の大学卒以上で、英語で充分コミュニケーションがはかれること等、条件は沢山あります。
・宇宙飛行士はISSの維持管理や大気圏外の実験や観測もしなければならない。・宇宙空間ではロボットアームを使って操作する事もある。
宇宙でのお水1杯の金額や宇宙服の金額なども教えて頂いた。
●宇宙の公用語で活動(ゲーム)しよう。
戸川先生は日本語を全く使わず英語とデスチャーで活動内容を説明した。
・キーワードゲーム
果物のイラスト6枚用意し、キーワードの果物を設定し。戸川先生がランダムに読み上げて、キーワードの果物を読み上げたら隣の人と消しゴムを早くとるかを競うゲーム。
・英字で知り取り
2班に分けて英字新聞の単語でしりとりをする。最初に戸川先生が「Y」のつく単語を探し、その単語でしりとりを行い、どちらが早くできるかを競った。
・最後に英語の歌を歌って活動終了した。
11:00後片付けを行い集合写真を撮って、戸川先生にお礼を伝えて終了した。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

小学校の英語の授業があるので、英語への抵抗感なく楽しくゲームに入っていた。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 和歌山分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    西田 弘
  • 結団日
    2009年8月1日
  • 主な活動地域
    和歌山市内
  • 主な活動施設
    和歌山リビング新聞社 会議室
    和歌山大学宇宙教育研究所
    和歌山県立桐蔭高校
    その他
  • 主な活動日
    基本的に第2土曜日(変更あり)
  • PR
    和歌山分団では和歌山大学宇宙教育研究所・JAXAスペースティーチャーズ和歌山と連携協力し、宇宙・科学工作・実験・自然観察・天体観測・ボランティア活動に至るまで、あらゆる事に月1回活動を予定しています。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    入団月は毎年4月になります。
    (年度途中の入団は受け付けておりません。)
    小学校4年~6年まで
  • 連絡先TEL
    073-428-0281
  • 連絡先FAX
    073-428-3421
  • 所属組織に
    支払う年会費
    なし