表紙へ戻る
科学館−学校連携強化資料の開発・普及
「科学館−学校連携強化資料の開発・普及」は、
科学技術振興機構(JST)が平成13年4月から主催している事業です。
YACでは、これまで宇宙を通して青少年の教育活動を推進してきたノウハウを活かし、この事業を運営しています。


科学館−学校連携強化資料の開発・普及事業とは?
科学館の職員と、地域の学校の先生との連携による学習教材の開発を支援することにより、小学校及び中学校の理科授業において、科学技術の基本原理をわかりやすく体得できる学習教材の普及を目指します。教育現場のニーズに応える、より新しい、よりわかりやすい教材を開発することはもちろんですが、科学館と学校がそれぞれの立場で培ってきたノウハウを交換し、討議を重ね、連携を図ることにより、地域の子どもたちの理科教育環境が向上することには大きな意義があります。

平成13年度開発教材一覧 平成14年度開発教材一覧 平成15年度開発教材一覧
児童・生徒用教材のダウンロード 指導者用教材のダウンロード
お問い合わせ先
財団法人日本宇宙少年団 教育普及部
科学館−学校連携係

〒104-0043 東京都中央区湊2-2-8 CKビル5F
Tel.03-5542-3254 Fax.03-3551-4870
Mail yacj@yac-j.or.jp
独立行政法人科学技術振興機構
科学技術理解増進部 科学館事業課

〒102-0084 東京都千代田区二番町3
科学館リンク
郡山市ふれあい科学館 スペースパーク
「科学館連携事業」→「科学館−学校連携強化資料の開発・普及」に、教材の紹介とダウンロードできるワークシートがあります。

表紙へ戻る