トップページ > テレビ > 【第35回】はやぶさカプセル帰還ライブ放送

テレビ

【第35回】はやぶさカプセル帰還ライブ放送

放送日時:
2010年6月13日(日) 12:45~15:00 19:30〜24:00
配信のスタートが大変遅くなり本当に申し訳ございませんでした。
復旧し、14時ころより第1部の途中から配信しております。
放送終了後の15時30分より、
的川先生の講演については録画放送を予定しております。
 
P-043-0008-18111.JPG.jpeg
■番組放送予定(6月9日現在)

〜「はやぶさ」の帰還を
みんなでむかえよう!〜

 2005年、地球から3億kmも
はなれた小惑星イトカワに
到着した「はやぶさ」、
イトカワの表面のサンプルを
とって、今、地球に向かって
います!
6月13日、「はやぶさ」は、
サンプルを入れたカプセルを
オーストラリアの砂漠に
落とす予定です。

イラスト右:提供 池下章裕


みんなからの書き込み待ってるよ! 
「はやぶさ」や「小惑星探査」などについての想いや考えをどんどん書き込もう!


 ■第1部 12:45〜15:00
  的川先生による「はやぶさ」に関する講演など
  会場の呉やまとミュージアムとつないで生中継!

 ■第2部 19:30〜24:00頃(内容、放送終了時間は変更になる場合があります。)
  「はやぶさ」ミッションへの視聴者の皆さんからの想いを
  全て紹介! 地球にかえってくる「はやぶさ」をみんなで応援しよう!
 
  JAXA相模原キャンパスに展示されている「はやぶさ」の模型やM-Vロケット、
  内之浦の射場の模型、ビデオをみながら、「はやぶさ」ミッションをふりかえるよ。
 
  「はやぶさ君の冒険日誌」も、かわいいイラストと朗読で紹介するよ!

  「宇宙なんでも実験隊(UNJ)」では、こじま隊長が
  「はやぶさ」や「M-V」のペーパークラフトづくりに挑戦するよ!
  「M−Vロケット」は、フィルムケースロケットを打ち上げるぞ!
 
   ・ペーパークラフトがダウンロードできるページ 
   小惑星探査機「はやぶさ」を作ろう! (かんたん ちょっとむずかしい 熟練者)

   ・フィルムケースロケットを飛ばそう!の作り方、打ち上げ方のページはこちら
 
 ★番組をみてくれた人の中から3人に宇宙グッズのプレゼントがあるよ!
番組の中で発表されるキーワードをゲットして、応募しよう。
プレゼントの応募はこちらから。


アーカイブ(録画)をみる


出演者紹介(宇宙教育テレビ放送)

 
きくちおにいさん
きくちおにいさん
JAXA宇宙教育センター
菊池 優太(きくち ゆうた)
宇宙に関する楽しい話題を、楽しく、わかりやすく、そして熱くお伝えします! 今年は一緒に働いているJAXAの仲間もどんどんゲストに呼んでくるよ!
こさくん
こさくん
日本宇宙少年団
小定 弘和(こさだ ひろかず)
みんなと一緒にふしぎやおどろき、発見を求めていきます! 宇宙教育についても興味を持ってくださいね。

☆質問・ご意見 掲示板

181. やぎ さん
2010年6月14日 00:23

この7年間に様々なドラマがあったのですねぇ。
関係者のみなさんお疲れ様でした。
敬意を表します。

182. ニンバス さん
2010年6月14日 00:34

JAXAの皆様、お疲れ様でした。
そしてはやぶさへ、お帰りなさい。

twitterにて、22時30分に全てのコマンドを打ち終えたと読んだのですが、最後のコマンドは何だったのか気になっています。
はやぶさの事を子どものように思っている運用チームの方々ですから、やっぱり「Welcome back!」だったのでしょうか。
今後の更新で扱って頂けないでしょうか。

183. きび団子 さん
2010年6月14日 00:37

今日という日が来ることをどれほど待ち望んだ事でしょう。

はやぶさ、本当にお疲れさまでした。
作品間に合わなくてごめんね。。。

カプセル捜索の担当者様、外野から恐縮ですが、必ず回収してあげて下さい。


最後のミッションを完遂したはやぶさと、その運用に関わって来られた全ての方々に、最大の敬意を表します!!!

184. kenpar さん
2010年6月14日 00:40

twitterによるとカプセルも目視出来たようで
試料が入っているのかいないのか・・・関係無く成功だと思ってます

H-2BによるHTV打ち上げと今回の地球再突入で国内有人宇宙飛行への技術の基礎は出来たかと思います

次へ!更に高みを目指して!
No1を目指して次へ!次へ進まないと技術は発展しません
資源に乏しい国日本の未来は技術にかかってると思います

とりあえず はやぶさお帰り!おつかれさま
大気圏で燃え尽きてもその魂は次へ!

185. けぷら~ さん
2010年6月14日 00:41

 ああ、とうとうこの日が来てしまいました。 胸中にとても大きな喪失感が。
でも感動をありがとう。アポロとまではいきませんが、ボイジャーやハッブルに勝るとも劣らないと思います。もっと冒険談の続きが見たいです。2号3号の実現を星に祈るばかりです。
この計画に携わった全ての人に、そして帰ってきたはやぶさ君に・・・・

       ごくろうさまでした

そして

         ありがとう

186. 速報 さん
2010年6月14日 00:54

はやぶさ、地球帰還=豪州砂漠にカプセル落下-小惑星の砂に期待・宇宙機構
(出展)6月14日0時36分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000004-jij-soci

 宇宙航空研究開発機構は13日午後7時51分(日本時間)、探査機「はやぶさ」から小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性のある耐熱カプセルを分離した。カプセルは大気圏に突入し、オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠に落下した。はやぶさ本体も同10時28分の通信を最後に突入して燃え尽きたとみられ、7年の長旅が終わった。
 小惑星の砂を回収できれば世界初。約46億年前に誕生した太陽系の進化過程を解明する貴重な手掛かりになる。はやぶさは月より遠い天体に着陸し、地球に戻った最初の探査機となった。姿勢制御装置やエンジンの故障が相次ぎ、予定より3年遅れたが、運用チームの努力と工夫で乗り切った。
 豪州の現地探索隊は、大気圏突入時の流れ星のような発光現象を確認。パラシュートで落下中のカプセルからの信号電波も受信し、ヘリコプターで着地を確認した。回収後、宇宙機構相模原キャンパス(相模原市)に搬入する。砂粒が入っているかの判明は時間がかかる見通し。はやぶさ本体は通信終了前、最後の地球撮影も行った。
 はやぶさは2003年5月に鹿児島・内之浦から打ち上げられ、05年9月に地球と火星の間にあるイトカワ近くに到着。カメラなどで詳細に観測した後、同年11月に着陸と離陸を2回繰り返した。岩石採取装置は作動しなかったが、着陸時に砂が舞い上がり、ふたを開けておいたカプセルに入った可能性がある。ミニ探査ロボットの投下は失敗した。

187. なつ さん
2010年6月14日 00:57

スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
度重なるトラブルになみならぬ御苦労をされたことと思います。

光になったはやぶさに、思わず涙ぐんでしまいました。
幾多の困難を乗り越えて還って来てくれたはやぶさを、とても愛おしく思います。

感動を、ありがとうございました。


188. 8823_nazo さん
2010年6月14日 00:57

はやぶさ
おかえり。おつかれさま。おやすみ。

中の皆様、お疲れさまです。
総仕上げまであと少しです。
声援だけしかできませんが、
がんばってください。

189. ぜんまいきつね さん
2010年6月14日 01:01

スタッフの皆様、ご苦労様でした。 最近、へこみっぱなしの日本ですが、何度も今度こそは駄目だろうと言われる中で、普通なら思いつかないようなアイデアと不屈の執念で探査機を起動させ、帰還を果たした功績は、日本の国民に勇気を与えてくれました。 

また、単に部品が故障したらサブシステムが起動するだけの欧米式と違った、緊急時にはシステムを変更できる「はやぶさ」の柔軟な設計思想は、世界に誇れる技術だと感じました。

190. 大星界 さん
2010年6月14日 01:09

 速報で知りました。
 ご帰還おめでとうございます!
 世界初の快挙、ほんとうに良かった。


最初<<  前<  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21    >>最後
 
(任意・表示されません)
(任意・表示されません)
  
協力
家庭用プラネタリウム HOMESTAR セガトイズ
ディスカバリーキッズ科学実験館