トップページ > テレビ > 【第35回】はやぶさカプセル帰還ライブ放送

テレビ

【第35回】はやぶさカプセル帰還ライブ放送

放送日時:
2010年6月13日(日) 12:45~15:00 19:30〜24:00
配信のスタートが大変遅くなり本当に申し訳ございませんでした。
復旧し、14時ころより第1部の途中から配信しております。
放送終了後の15時30分より、
的川先生の講演については録画放送を予定しております。
 
P-043-0008-18111.JPG.jpeg
■番組放送予定(6月9日現在)

〜「はやぶさ」の帰還を
みんなでむかえよう!〜

 2005年、地球から3億kmも
はなれた小惑星イトカワに
到着した「はやぶさ」、
イトカワの表面のサンプルを
とって、今、地球に向かって
います!
6月13日、「はやぶさ」は、
サンプルを入れたカプセルを
オーストラリアの砂漠に
落とす予定です。

イラスト右:提供 池下章裕


みんなからの書き込み待ってるよ! 
「はやぶさ」や「小惑星探査」などについての想いや考えをどんどん書き込もう!


 ■第1部 12:45〜15:00
  的川先生による「はやぶさ」に関する講演など
  会場の呉やまとミュージアムとつないで生中継!

 ■第2部 19:30〜24:00頃(内容、放送終了時間は変更になる場合があります。)
  「はやぶさ」ミッションへの視聴者の皆さんからの想いを
  全て紹介! 地球にかえってくる「はやぶさ」をみんなで応援しよう!
 
  JAXA相模原キャンパスに展示されている「はやぶさ」の模型やM-Vロケット、
  内之浦の射場の模型、ビデオをみながら、「はやぶさ」ミッションをふりかえるよ。
 
  「はやぶさ君の冒険日誌」も、かわいいイラストと朗読で紹介するよ!

  「宇宙なんでも実験隊(UNJ)」では、こじま隊長が
  「はやぶさ」や「M-V」のペーパークラフトづくりに挑戦するよ!
  「M−Vロケット」は、フィルムケースロケットを打ち上げるぞ!
 
   ・ペーパークラフトがダウンロードできるページ 
   小惑星探査機「はやぶさ」を作ろう! (かんたん ちょっとむずかしい 熟練者)

   ・フィルムケースロケットを飛ばそう!の作り方、打ち上げ方のページはこちら
 
 ★番組をみてくれた人の中から3人に宇宙グッズのプレゼントがあるよ!
番組の中で発表されるキーワードをゲットして、応募しよう。
プレゼントの応募はこちらから。


アーカイブ(録画)をみる


出演者紹介(宇宙教育テレビ放送)

 
きくちおにいさん
きくちおにいさん
JAXA宇宙教育センター
菊池 優太(きくち ゆうた)
宇宙に関する楽しい話題を、楽しく、わかりやすく、そして熱くお伝えします! 今年は一緒に働いているJAXAの仲間もどんどんゲストに呼んでくるよ!
こさくん
こさくん
日本宇宙少年団
小定 弘和(こさだ ひろかず)
みんなと一緒にふしぎやおどろき、発見を求めていきます! 宇宙教育についても興味を持ってくださいね。

☆質問・ご意見 掲示板

191. 速報 さん
2010年6月14日 01:12

(実物カプセル写真)
小惑星探査機「はやぶさ」 地球へ帰還
地球帰還カプセル。サンプル採取容器が収納されたカプセル。地球に帰還し回収される=JAXA提供
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/2010hyabusa/8.html?inb=yt

192. やっぱり1番でなければ さん
2010年6月14日 01:37

JAXAスタッフ、並びに関係者の皆様、
ほんとうに、ほんとうに、おつかれさまでした。
そして、感動をありがとう。
皆様の、知恵と勇気と工夫に、最大限の賛辞を贈らずにいられません。
今後とも、市井に夢を与える素晴らしいプロジェクトを期待します。その支援を担保する為政者の現出を祈りつつ。

193. win さん
2010年6月14日 06:18

はやぶさに相応しい最高の輝きだった!感動しました。

194. こう♪ さん
2010年6月14日 06:38

「はやぶさ」おかえり!

本当にお疲れ様


そして携わってこられた皆さん
ひとまず本当に本当にお疲れ様でした

感動をありがとう!!

195. きゅうさん さん
2010年6月14日 08:05

JAXAのみなさん。はやぶさプロジェクトのみなさん7年間本当にお疲れさまでした。

そして、イトカワから無事に生還した「はやぶさ」お疲れさまでした。

打ち上げの時から地球へ帰還するまでずっと待ち焦がれておりました。そしてその旅は終わりましたが偉業は受け継がれていくとこでしょうね。

いま、感動で胸がいっぱいです。ずっと応援を続けてよかったと思っております。

196. テラ さん
2010年6月14日 10:54

ごめんなさい。
正直、宇宙開発なんて外国に任せておけばいいって思っていました。
だけど、間違ってました。

幾多の困難を乗り越え、もう駄目だと思っても諦めず何度でも復活する
そしてそれを粘り強く待ち続ける、こんなこと日本人にしかできません。

わずか2メートル四方に満たない言わば機械の塊が
こんなに愛おしいと思うことがあるだろうか。

はやぶさ、本当に感動をありがとう。
そして7年の長きにわたり、はやぶさを見守り続けたスタッフのみなさん
本当にお疲れさまでした。

この歴史的な瞬間に立ち会えて、本当に光栄です。
これからも私たちに夢と希望と勇気を与える
すばらしいプロジェクトを続けてください。

本当にありがとうございました。

197. mirumiru さん
2010年6月14日 11:30

昔ボイジャーが人類の探究心と希望を乗せ、長い長い旅に出て、その最後は宇宙の果てを超えてさまよい続けるという話を聞き、若い私の心は胸を痛めたものでした。
(人間って勝手だなぁ・・・)

今回はやぶさが帰還したということで、本体は大気圏で燃え尽きたとしても、重大な責務を果たして戻ってきてくれたことに対して、敬意とねぎらいを表したいです。
(孤独に宇宙をさまようより、燃え尽きたほうが幸せ)

いつかボイジャーも見つかるといいなぁ。

198. かほ さん
2010年6月14日 12:35

初めてアクセスします。
はやぶさのことは、実はつい最近しりました。
今朝、はやぶさが大気圏に突入して、
最後の花火を上げながら消えて行く姿を見て
胸が熱くなりました!!
しかも、カプセル投下後、
最期に機体の向きを変えて地球を見せてあげた
のだそうですね。
万感の思いがあったことでしょう。
でも、はやぶさ君への配慮有難うございます!!
嬉しかったです。

やっぱ、見上げる宇宙にはロマンがあります。
事業仕訳なんかに負けないで
、夢を形にし続けてください。
応援してます。

199. 紺碧 さん
2010年6月14日 13:02

私達年代の多くは鉄腕アトムにあこがれていました。今回のはやぶさの苦難に満ちた帰還は、子供たちの新たな憧れとなるでしょう。また、偉業を成し遂げられたスタッフの皆様に、称賛とともに、私達に多くの希望を与えて下さったことに感謝いたします。
菅総理、これではやぶさは終わりですか?

200. タケチャンマン さん
2010年6月14日 19:16

はやぶさ君ご苦労様でした。あんたは偉い。
そしてなんてけなげなんでしょう。
最期に撮った地球の写真が涙で曇っているように感じたのは私だけでしょうか。
すごいプロジェクトを成し遂げました。カプセルの中にイトカワの砂が入っているといいですね。
キットは言っている。あんなに頑張ったんだもの。


最初<<  前<  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21    >>最後
 
(任意・表示されません)
(任意・表示されません)
  
協力
家庭用プラネタリウム HOMESTAR セガトイズ
ディスカバリーキッズ科学実験館